コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒライソガニ ヒライソガニGaetice depressus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒライソガニ
Gaetice depressus

軟甲綱十脚目モクズガニ科。甲幅 2.5cm。甲はほぼ四角形で,背面は平ら。甲の前側縁に 2歯と痕跡的な第3歯がある。幼個体は白色の甲をもち,成長するにつれてさまざまな程度に白色斑が残るという場合が多いが,一様に茶褐色,暗褐色,紫褐色の個体も多い。北海道から沖縄県,中国沿岸の潮間帯で最も普通に見られるカニである。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒライソガニ
ひらいそがに / 平磯蟹
[学]Gaetice depressus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目イワガニ科に属するカニ。甲幅2.5センチメートルに達する。北海道から九州、朝鮮半島、台湾、中国北部に分布し、小石のある磯(いそ)でもっとも普通にみられる。じみな暗褐色か紫褐色のものが多いが、幼個体ではほとんど白色のものもあり、成長につれていろいろな程度に白斑(はくはん)が残る。個体ごとに色が異なる状態であるが、形態的には安定していて、甲面は平たい板状、額(がく)は幅広い2葉、甲の前側縁には明瞭(めいりょう)な2歯と痕跡(こんせき)的な第3歯がある。雄のはさみ脚(あし)は左右で大きさが異なり、大形個体では両指の間に広いすきまが残る。両指の先端はわずかに馬蹄(ばてい)形にくぼむ。琉球(りゅうきゅう)諸島から近縁種が1種知られている。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒライソガニの関連キーワードフクロムシ類フクロムシ甲類

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒライソガニの関連情報