コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラマサ Seriola lalandi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒラマサ
Seriola lalandi

スズキ目アジ科の海水魚全長 2.5m。ブリに似た魚で,体はよく太った紡錘形。体の背面は暗青色,腹面銀白色で,体側中央に濃い黄色の縦帯がある。北海道以南,世界の温帯・亜熱帯海域に分布する。夏季に美味。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒラマサ

アジ科の魚。地方名ヒラス,ヒラソなど。全長1m余になり,ときに2mに達する。ブリに似るが体の厚みが小さく,体側中央の縦帯は濃い黄色。ブリより暖海性。西南日本ではふつうで,黄海に多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒラマサ【Seriola aureovittata】

スズキ目アジ科でブリと同属の海産魚(イラスト)。体型はブリ(イラスト)と似ているが側扁度が強いため,ヒラ(京都),ヒラサ(広島など),ヒラス(関西,九州),ヒラソ,ヒラブリ(鳥羽)とヒラとつく呼名が多い。ヒラマサは東京付近の名。また,ブリ類を総称して英名をamberjack,あるいはyellowtailというが,とくにヒラマサをgoldstriped amberjackということがあるように,体側の黄色の1縦帯がブリより濃く顕著である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒラマサ
ひらまさ / 平政
[学]Seriola aureovittata

硬骨魚綱スズキ目アジ科に属する海水魚。本州の暖海と黄海に分布し、朝鮮半島西側の沿岸に多い。太平洋側では金華山以北、日本海側では津軽海峡以北には少ない。ブリに似ているが、体の側扁(そくへん)度が強く、体側の黄緑色縦帯の色が濃く、主上顎骨(じょうがくこつ)の後端上角が丸みをもっているなどの諸点で区別される。ブリより大きくなり、全長2メートルに達する。産卵は5~8月ごろ行われ、分離浮性卵を産む。稚魚は同属のブリやカンパチと異なり沖合いの流れ藻にはつかないらしい。流れ藻につくブリやカンパチの稚魚が黄褐色をしているのに対し、ヒラマサの稚魚は背面が青く、腹面は銀白色を呈する。沿岸の定置網、釣りなどで漁獲。夏季に美味で、塩焼き、煮つけ、干物などにされる。[鈴木 清]

釣り

船釣り、磯(いそ)釣りがある。船釣りは地方によって仕掛けがかなり異なる。静岡県伊豆地方の遠征船は、胴づき一本鉤(ばり)で生きたムロアジの一尾づけ、またはコマセ籠(かご)を使いオキアミやサンマの身餌(みえさ)でねらう。千葉県勝浦(かつうら)地方では、大きな天ビンとゴムクッションの併用でフカセ釣りをする。ヒラマサは引きと走りが抜群なので、鉤にかけた魚を半分取り込めばよいほうである。伊豆諸島などの磯釣りで、ヒラマサ釣りがここ数年人気を集めだした。ヒラマサ用のじょうぶな磯竿(いそざお)に道糸12~16号。ウキとゴムクッション仕掛け、または寄せ餌を入れる籠をつけた籠釣り、ムロアジの生きたものを一尾つけた泳がせ釣りなどがある。ヒラマサ釣りは、足場の確保と救命具着用と、安全第一で釣ることが肝要である。[松田年雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒラマサの関連キーワードシマアジ(海水魚)神津島(村)ブリ(鰤)カンパチサンマ磯釣り海釣り

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒラマサの関連情報