コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビオン ビオンBiōn

4件 の用語解説(ビオンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビオン
ビオン
Biōn

前 100年頃活躍したギリシアの牧歌詩人。テオクリトスを模倣した『牧歌』 Būkolikaのうち,完全なものと断片とを合せて 17編が現存。なかでも『アドニス哀歌』 Epitaphios Adōnidosは特に有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ビオン

前100年ころ活躍したの小アジア生れのギリシアの牧歌詩人。テオクリトスを模倣し,単純ながら優雅な牧歌を書いた。《アドニス哀歌》は最も有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビオン【Biōn】

前100年ころ活躍した古代ギリシアの詩人。生没年不詳。テオクリトスを模倣した牧歌を作り,なかでも《アドニス悲歌》は詩人の死後,作者不明の《ビオン悲歌》によって模倣されるほどの好評を博した。ほかに17編の牧歌が断片的に残存しているが,田園色はあまり濃密ではない。【片山 英男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビオン
びおん
Bion

生没年不詳。古代ギリシアの牧歌詩人。紀元前2世紀の人。小アジアのプロサに生まれ、生涯のほとんどをシチリア島で過ごした。代表作『アドニス哀悼歌』は、アドニスの死と女神アフロディテ悲しみを歌う叙情的な作品で、その言語やモチーフテオクリトスの影響を強く受けている。このほか、若干の詩の断片が残存する。これらの詩は愛を主題としており、牧歌的要素はほとんど認められない。文体は素朴で平明である。[岡 道男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ビオンの関連キーワード再婚禁止期間タイソン ゲイ利回り北島康介藤田秀世西澤裕介百万遍念仏気温仁王会ラスパイレス指数

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビオンの関連情報