コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビオン Biōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビオン
Biōn

前 100年頃活躍したギリシア牧歌詩人。テオクリトスを模倣した『牧歌』 Būkolikaのうち,完全なものと断片とを合せて 17編が現存。なかでも『アドニス哀歌』 Epitaphios Adōnidosは特に有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ビオン

前100年ころ活躍したの小アジア生れのギリシアの牧歌詩人。テオクリトスを模倣し,単純ながら優雅な牧歌を書いた。《アドニス哀歌》は最も有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビオン【Biōn】

前100年ころ活躍した古代ギリシアの詩人。生没年不詳。テオクリトスを模倣した牧歌を作り,なかでも《アドニス悲歌》は詩人の死後,作者不明の《ビオン悲歌》によって模倣されるほどの好評を博した。ほかに17編の牧歌が断片的に残存しているが,田園色はあまり濃密ではない。【片山 英男】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビオン
びおん
Bion

生没年不詳。古代ギリシアの牧歌詩人。紀元前2世紀の人。小アジアのプロサに生まれ、生涯のほとんどをシチリア島で過ごした。代表作『アドニス哀悼歌』は、アドニスの死と女神アフロディテの悲しみを歌う叙情的な作品で、その言語やモチーフはテオクリトスの影響を強く受けている。このほか、若干の詩の断片が残存する。これらの詩は愛を主題としており、牧歌的要素はほとんど認められない。文体は素朴で平明である。[岡 道男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビオンの関連キーワードアナ スイ コスメティックスエレガンス コスメティックスリナルド アレッサンドリーニグービオン・サン=シールソニア リキエル ボーテグレート・ブリテン[島]スキンコンディショナーギデオン警部 非情の街ポール&ジョー ボーテエウローパ・ガランテウィルデンブルッフエビオン派福音書ニューアルビオンスチール・ギターチオアセタゾンモンテリマールフィニステレ岬ビルバオ鉄山ドウロ[川]モンテリマル

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android