コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビオン ビオン Biōn

4件 の用語解説(ビオンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビオン
ビオン
Biōn

前 100年頃活躍したギリシアの牧歌詩人。テオクリトスを模倣した『牧歌』 Būkolikaのうち,完全なものと断片とを合せて 17編が現存。なかでも『アドニス哀歌』 Epitaphios Adōnidosは特に有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビオン

前100年ころ活躍したの小アジア生れのギリシアの牧歌詩人。テオクリトスを模倣し,単純ながら優雅な牧歌を書いた。《アドニス哀歌》は最も有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ビオン【Biōn】

前100年ころ活躍した古代ギリシアの詩人。生没年不詳。テオクリトスを模倣した牧歌を作り,なかでも《アドニス悲歌》は詩人の死後,作者不明の《ビオン悲歌》によって模倣されるほどの好評を博した。ほかに17編の牧歌が断片的に残存しているが,田園色はあまり濃密ではない。【片山 英男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビオン
びおん
Bion

生没年不詳。古代ギリシアの牧歌詩人。紀元前2世紀の人。小アジアのプロサに生まれ、生涯のほとんどをシチリア島で過ごした。代表作『アドニス哀悼歌』は、アドニスの死と女神アフロディテ悲しみを歌う叙情的な作品で、その言語やモチーフテオクリトスの影響を強く受けている。このほか、若干の詩の断片が残存する。これらの詩は愛を主題としており、牧歌的要素はほとんど認められない。文体は素朴で平明である。[岡 道男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビオンの関連キーワードギリシア悲劇ハリカルナッソスヘロフィロスホメロスギリシャ語ギリシャ哲学ギリシャ文字赤絵式陶器モスコプロス古代ギリシア文字譜

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビオンの関連情報