コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビサウ Bissau

百科事典マイペディアの解説

ビサウ

ギニア・ビサウの首都。大西洋岸の港で,ラッカセイ,木材を輸出。空港がある。17世紀に奴隷貿易の基地としてポルトガルが創設,1869年自由港となった。38万7909人(2009)。
→関連項目ギニア・ビサウ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビサウ【Bissau】

西アフリカギニア・ビサウ共和国の首都。人口19万8000(1991)。ゲバ河口の港湾都市で,ラッカセイ,ヤシ油,ヤシ核などを輸出する。この地方は16世紀以来ポルトガルの植民地で,重要な奴隷貿易の中心であったため,1687年にポルトガルがこの地に奴隷を収容する城塞を建設した。その後中継貿易港としての役割を果たし,1941年からポルトガル領ギニアの植民地政庁が置かれ,独立後は首都となった。【西野 照太郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ビサウ【Bissau】

ギニアビサウ共和国の首都。大西洋に面する港湾都市。ビサオ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ビサウの関連キーワードスピノラ(António Sebastião Ribeiro de Spínola)カブラル(Amilcar Cabral)アントニオ・S. スピノラ近・現代アフリカ史(年表)マラン・バカイ サンハギニア・ビサウの要覧アフリカ密航者問題A.M. ペレイラJ.B. ビエイラポルトガル革命ビジャゴス諸島ギニア・ビサオL. カブラルアフリカ諸言語ジガンショール重債務貧困国カーボベルデカダ・モストギニアビサウポルトガル語

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android