コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビサウ Bissau

百科事典マイペディアの解説

ビサウ

ギニア・ビサウの首都。大西洋岸の港で,ラッカセイ,木材を輸出。空港がある。17世紀に奴隷貿易の基地としてポルトガルが創設,1869年自由港となった。38万7909人(2009)。
→関連項目ギニア・ビサウ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビサウ【Bissau】

西アフリカ,ギニア・ビサウ共和国の首都。人口19万8000(1991)。ゲバ河口の港湾都市で,ラッカセイ,ヤシ油,ヤシ核などを輸出する。この地方は16世紀以来ポルトガルの植民地で,重要な奴隷貿易の中心であったため,1687年にポルトガルがこの地に奴隷を収容する城塞を建設した。その後中継貿易港としての役割を果たし,1941年からポルトガル領ギニアの植民地政庁が置かれ,独立後は首都となった。【西野 照太郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ビサウ【Bissau】

ギニアビサウ共和国の首都。大西洋に面する港湾都市。ビサオ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ビサウの関連キーワードスピノラ(António Sebastião Ribeiro de Spínola)カブラル(Amilcar Cabral)ペドロ・ベロナ・ロドリゲス ピレスアントニオ・S. スピノラ第5回アフリカ開発会議マラン・バカイ サンハギニア・ビサウの要覧A.M. ペレイラJ.B. ビエイラアフリカ密航者問題アフリカ諸言語ポルトガル革命ビジャゴス諸島L. カブラルジガンショールギニア・ビサオカーボベルデ重債務貧困国民主主義指数ポルトガル語

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android