ビシュヌ・プラーナ(英語表記)Viṣṇu-Purāṇa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビシュヌ・プラーナ
Viṣṇu-Purāṇa

ヒンドゥー教ビシュヌ派の聖典。成立年代の確定は困難であるが,18のプラーナ聖典のなかでも古い時代につくられたものと考えられ,6章から成り,プラーナ聖典の5つの特性に従って,世界の創造,神々の系譜,人類の始祖マヌの支配,王朝の歴史などが説かれる。ビシュヌは唯一最高の神で,ブラフマーとシバの合一したものとされ,世界の創造者,維持者としてたたえられている。第1章の大洋攪拌の物語は叙事詩にも共通した話で,攪拌された乳海から浮び上がる幸運と美の女神シュリーがビシュヌの胸に身を投げかける情景が詩的に描写されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビシュヌ・プラーナ
びしゅぬぷらーな
Viupura

ヒンドゥー教のプラーナ聖典群のなかで最古層に属するものの一つ。その名のとおりビシュヌ派に所属し、最高神ビシュヌに捧(ささ)げられた聖典である。全六巻からなる。聖仙バシシュタの孫パラーシャラとその弟子マイトレーヤとの対話をもって始まり、そのおもな内容としては、ビシュヌ神の讃歌(さんか)、宇宙の起源・創造についての神話、また宇宙の構造や周期的時間論、人類の祖マヌとその役割、ベーダの諸学派の伝統、ビシュヌ教徒の宗教生活、牧童クリシュナの伝説などを説く。さまざまな神話・伝説を盛り込みながら、最高神ビシュヌへの私心のない献身的な愛(バクティ)とその恩恵・功徳(くどく)をたたえる本書は、古来とくに愛好された聖典の一つであり、ビシュヌ派の教義・信仰の普及と同派の発展に大いに寄与した。[矢島道彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android