ビショップ(読み)びしょっぷ(英語表記)Elizabeth Bishop

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビショップ(Elizabeth Bishop)
びしょっぷ
Elizabeth Bishop
(1911―1979)

アメリカの女流詩人。マサチューセッツ生まれ。寡作だが、キリコの初期の絵のようなイマジスト風の的確なイメージと、知的に処理された物語性によって高く評価される。詩集『北と南』(1946)によって認められ、『詩集』(1955)でピュリッツァー賞受賞。1956年には『北と南』に新しい詩を加えて、『寒い夏』として再出版。ほかに『ライフ』誌の編集部と協力した『ブラジル』(1962)や『旅の問題』(1965)などがある。[大橋健三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビショップの関連情報