コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビターズ bitters

大辞林 第三版の解説

ビターズ【bitters】

各種の植物の根・皮などをアルコールに漬けて成分を浸出させた、強い苦みと芳香をもつリキュール。カクテルなどの香味づけに使う。ビタース。ビター。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビターズ
びたーず
bitters

各種の草根木皮をスピリッツで浸出してつくった苦味の強いリキュール。フランス語ではアメールamerといい、原義はともに苦味をさす。食欲増進用のアペリチフ、またカクテルなどの香味づけに使われる。オレンジビターズは、ビターオレンジピール(苦ミカン皮)を浸漬(しんし)してつくる。アンゴスチュラビターズは、ベネズエラ中部アンゴスチュラ町の軍医シーガートが創製したのでこの名があるが、今日ではトリニダード・トバゴでつくられている。ラムにアンゴスチュラ樹皮(ミカン科)、ニッケイ、キナ皮、レモン皮などを浸漬してつくる。アメール・ピコンはフランス産で、創製者のフランス軍人エタン・ピコンの名にちなむ。製法は明らかでないが、オレンジ果皮、ゲンチアン(リンドウ科)の根などからつくる。アルコール分27%。苦味の非常に強い黄褐色のリキュールである。ゲンチアンは、ヨーロッパの山岳地方や小アジアに自生するリンドウ科の植物で、その根からとった苦味はとくに評価が高く、各種のビターズに配合されている。[秋山裕一・齋藤 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビターズの関連キーワードオールドファッションドシャンパンカクテルビターズボトルキェシロフスキマンハッタンウイスキーカサベテスリンドウ科バレンシアマティーニロブロイビタースアドニスフロリダ植物

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビターズの関連情報