コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビノグラドフ ビノグラドフVinogradoff, Sir Paul Gavrilovich

3件 の用語解説(ビノグラドフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビノグラドフ
ビノグラドフ
Vinogradoff, Sir Paul Gavrilovich

[生]1854.11.30. コストロマ
[没]1925.12.19. パリ
ロシア生れのイギリスの法学者,中世史学者。モスクワ大学に学び,教員生活を経て同大学の教授となった。教授在任中,教育法の革新をはかり,大学の自治の確立,公立小学校の拡充に尽力したが,当局に入れられず,1902年にイギリスに渡った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ビノグラドフ

英国の中世史家。ロシア生れ。モスクワ大学教授からオックスフォード大学教授に迎えられ,一般自由人学説によってイギリス封建社会の成立に関する定説を確立。主著《イギリス隷農制》《荘園の発達》《11世紀のイギリス社会》。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビノグラドフ【Paul Gavrilovich Vinogradoff】

1854‐1925
イギリスの中世史家,法学者。ロシアのコストロマ生れ。モスクワ大学卒業。ドイツイタリア,イギリスに留学。とくにイギリスでのF.W.メートランドとの出会いは彼の研究生活を決定した。1889年母校教授。1901年自由主義的立場からの大学改革文部省と対立し,辞職。渡英し,03年オックスフォード大学法学教授に就任。18年イギリスに帰化。マナー(荘園)研究史上の古典的著作《荘園の発達》(1904),《ブラクトンノートブック》(1887),《法における常識》(1914)など著書多数。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ビノグラドフの関連キーワード安政安政地震リーマン本間棗軒三木勘兵衛枕状熔岩安政地震下田条約嘉永了仙寺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビノグラドフの関連情報