ビュルテンベルク

百科事典マイペディアの解説

ビュルテンベルク

ドイツ南西部の地方。バーデン・ビュルテンベルク州の東部を占める。山地丘陵が多く,ブドウ栽培が盛ん。鉄鋼,金属,電気器具などの工業が行われる。中心地シュツットガルト。13世紀に伯爵領として成立,15世紀に公爵領,1806年王国,1871年ドイツ連邦の一国となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビュルテンベルク【Württemberg】

ドイツ南部の地方。かつてはビュルテンベルク王国として南ドイツの雄邦であったが,現在はバーデン・ビュルテンベルク州に属し,その東半地域を形づくっている。
[地理]
 南はボーデン湖から北はタウバー川まで,西はバーデン地方,東はバイエルン州に連なる。西側にシュワルツワルトの山並みが南北に横たわり,中央部には丘陵山地のシュウェービッシェ・アルプSchwäbische Alb(幅40km,長さ220km,最高地点1015m)が南西から北東方向に斜めに走って,その北麓を北に流れるネッカー川と,南麓を東に向かうドナウ川の分水嶺をなしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ビュルテンベルク【Württemberg】

ドイツ南部、バーデン-ビュルテンベルク州の東半分の地域。一九世紀初頭王国を形成。中心都市シュツットガルト。ウェルテンベルク。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android