コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビリアル virial

1件 の用語解説(ビリアルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビリアル【virial】

1870年R.クラウジウスによって導入された熱力学(気体分子運動論)上の概念。語源はラテン語の力を意味するvisの複数形であるviresに由来する。気体分子に働く力によってその気体の特徴,とくに状態方程式理想気体の場合の式pVRTからどのようにはずれるかを表す目的で考えられた(pは圧力,Vは体積,Tは絶対温度,Rは気体定数)。気体の分子iに働く力をFi,分子iの位置ベクトルをriとして,スカラー積-1/2Firiのすべての分子に関する和の平均,をその気体のビリアルVRと定義する((1)の右辺の量は位置ベクトルの原点の選び方によらないことに注意)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ビリアルの関連キーワード製糸業日本科学史奈破崙開拓使コッペリア文化闘争嘉納治兵衛(5代)グロ長谷川宗右衛門ベッテルハイム

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビリアルの関連情報