コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビリアル virial

1件 の用語解説(ビリアルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビリアル【virial】

1870年R.クラウジウスによって導入された熱力学(気体分子運動論)上の概念。語源はラテン語の力を意味するvisの複数形であるviresに由来する。気体分子に働く力によってその気体の特徴,とくに状態方程式理想気体の場合の式pVRTからどのようにはずれるかを表す目的で考えられた(pは圧力,Vは体積,Tは絶対温度,Rは気体定数)。気体の分子iに働く力をFi,分子iの位置ベクトルをriとして,スカラー積-1/2Firiのすべての分子に関する和の平均,をその気体のビリアルVRと定義する((1)の右辺の量は位置ベクトルの原点の選び方によらないことに注意)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビリアルの関連キーワードクラウジウスカルノークラウジウスの原理カルノー‐クラウジウスの原理クラウジウス‐クラペイロンの式クラウジウス‐デュエムの不等式クラウジウスの法則クラウジウス‐ベルテローの状態式クラウジウス‐モソッティの式クラウジウス‐モソッティ‐ローレンツ‐ローレンツの式モソッティ‐クラウジウスの式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビリアルの関連情報