ビル・ブローカー(読み)ビルブローカー

百科事典マイペディアの解説

ビル・ブローカー

手形仲買人。本来は自己の資金によって手形の売買を仲介する業者をいい,ロンドン金融市場で特異な地位を占める。日本では短期資金(コール)の貸借を仲介する業者をさす。
→関連項目割引市場

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビル・ブローカー
びるぶろーかー
bill broker

手形仲買人。今日では割引商社discount houseとよばれ、ロンドン割引市場・貨幣市場の重要な構成主体である。銀行などからコール資金を取り入れ、それで商業手形、地方自治体債券、大蔵省証券などを保有する。両者の間のマージンが収益の源泉である。金融逼迫(ひっぱく)時には、銀行などがコールを回収することになるが、ビル・ブローカーは保有する商業手形などをイングランド銀行で再割引し、その資金でコールを返済する。すなわち、イングランド銀行の「最終の貸し手」としての機能はおもに割引商社を通じて果たされるのであって、イングランド銀行から貨幣市場(割引商社)を通じて銀行組織へと資金が供給される。
 なお、第二次世界大戦前の日本にもビル・ブローカーとよばれるものが存在したが、手形割引市場が未発達であったから、その実質はコールの仲介業者であった。[鈴木芳徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android