コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピアフ ピアフ Édith Piaf

8件 の用語解説(ピアフの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ピアフ(Édith Piaf)

[1915~1963]フランスの女性シャンソン歌手。みずからの作詞による「ばら色の人生」「愛の賛歌」などの名唱で知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ピアフ

フランスのシャンソン歌手。大道芸人の父とともに街頭で歌い始め,のち力強く情感をこめた歌唱で第一人者となる。J.コクトーは彼女のために一人芝居《冷淡な美男》を書いた。
→関連項目モンタンルルーシュ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ピアフ

PIAFS」のページをご覧ください。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ピアフ【Édith Piaf】

1915‐63
フランスの女性シャンソン歌手。パリに生まれたが家が貧しく,サーカスの曲芸師だった父に育てられるうちに歌うことを覚えた。1934年パリのナイトクラブに出演以来評判をとり,1947年アメリカに渡り成功を収めた。貧窮・飢え・苦しみなど自らの体験から割り出したシャンソンを歌う,いわゆるシャントゥーズ・レアリストの歌手。また自ら作詞作曲も行い,その中でも《ばら色の人生》《愛の賛歌》など(作詞)は世界的に知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ピアフ【Édith Piaf】

1915~1963) フランスの女性シャンソン歌手。自ら作詞した「愛の賛歌」「ばら色の人生」などが有名。

ピアフ【PIAFS】

〖PHS Internet Access Forum Standard〗
PHS を使った高速データ通信の標準規格。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピアフ
ピアフ
Piaf, Edith

[生]1915.12.19. パリ
[没]1963.10.11. パリ
フランスの歌手,女優。本名 Edith Giovanna Gassion。シャンソンの歌唱により世界的に有名になった。生後まもなくカフェの歌手だった母親に捨てられ,祖母に引き取られて売春宿で育った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピアフ
ぴあふ
Edith Piaf
(1915―1963)

フランスのシャンソン歌手。パリ生まれ。父はサーカスの曲芸師、母は流しの歌手で、少女時代から街頭で歌う。1933年、キャバレー経営者ルイ・ルプレに認められてデビューして成功を収めたが、ルプレが殺されて殺人容疑を受ける。その失意を詩人レイモン・アッソらの激励によって乗り越え、40年には「ピアフの発見者」を自認するジャン・コクトーが彼女のために書いた芝居に主演、女優としても認められた。彼女は庶民の生活感情を庶民のことばで歌う「シャントゥーズ・レアリスト」最後の歌手といわれ、その持ち歌の大半はメロドラマ的なものであったが、優れた表現力によって深い感銘を与えるものに高められた。自身の作詞による『バラ色の人生』『愛の賛歌』のほか、『パダン・パダン』『あなたに首ったけ』『ミロール』『水に流して』などの名唱がある。モンタン、ベコーアズナブールらの才能を見抜いてデビューさせた功績も大きいが、私生活では恋と結婚に破れ、晩年は麻薬と酒に取りつかれ、59年には自動車事故で瀕死(ひんし)の重傷を負って入退院を繰り返したが、それでも歌への執念は捨てず、死の前年再婚した20歳年下の夫にみとられてニースで没した。[田井竜一]
『S・ベルトー著、三輪秀彦訳『愛の讃歌――エディット・ピアフの生涯』(1971・新潮社) ▽J・ノリ著、田口孝吉訳『エディット・ピアフ』(1975・音楽之友社) ▽D・グリモー、P・マエ著、村上香住子訳『ピアフ 恋の炎』(1984・早川書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピアフの関連キーワードグレコシャンソニエジローダミアミスタンゲットブラッサンスマイ・ウェイ日本シャンソン館石井好子ベコー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピアフの関連情報