コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピアース ピアース Pearse, Patrick Henry

4件 の用語解説(ピアースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピアース
ピアース
Pearse, Patrick Henry

[生]1879.11.10. ダブリン
[没]1916.5.3. ダブリン
アイルランドの独立を目指すアイルランド共和国同盟 IRBの民族主義者。詩人。反イギリス,独立のための武装蜂起の革命軍総司令官として,1916年4月 24日の復活祭蜂起を指導し,独立を宣言。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ピアース
ピアース
Pierce, John Robinson

[生]1910.3.27. デモイン
[没]2002.4.2. カリフォルニア
アメリカの工学者,情報通信科学者。通信衛星の父。 1936年ベル電話研究所に入社。電子工学研究部長などを歴任。 1971年カリフォルニア工科大学教授,1979ジェット推進研究所技術主任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ピアース(Franklin Pierce)

[1804~1869]米国の政治家。第14代大統領。在任1853~1857。民主党。上下両院の議員を歴任した後、大統領に就任。国内の南北融和に意欲的に取り組んだ。→ブキャナン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ピアース【Franklin Pierce】

1804‐69
アメリカ合衆国第14代大統領。在職1853‐57年。1833年から42年までニューハンプシャー州出身議員として連邦上下両院で活躍し,52年民主党の南部派に支持されて大統領に当選した。国内の南北宥和と対外拡張に意欲を示したが,54年のカンザス・ネブラスカ法成立後,カンザスにおける奴隷制導入の是非をめぐる衝突を収拾できず,次の民主党大会では大統領候補の指名を獲得することができなかった。【安武 秀岳】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ピアースの関連キーワードアーサーアングロアメリカケネディ大統領府タイラーアメリカン合衆国ネブラスカ亜米利加アメリカ合衆国最高裁判所

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピアースの関連情報