ピクセレクール(読み)ぴくせれくーる(英語表記)René Charles Guilbert de Pixérécourt

日本大百科全書(ニッポニカ)「ピクセレクール」の解説

ピクセレクール
ぴくせれくーる
René Charles Guilbert de Pixérécourt
(1773―1844)

フランスの劇作家メロドラマの大家。ナンシーの名門に生まれる。フランス革命で亡命、反革命軍に投じたが、恋愛沙汰(ざた)から父と衝突、パリへ戻り辛酸をなめた。喜劇『オーベルニュの子ら』Les Petits Auvergnats(1797)でデビュー、『ビクトールまたは森の子』Victor ou l'Enfant de la forêt(1798)の大成功で花形となる。『ケリーナまたはふしぎな子』(1800)など約110編を残した。多くイギリスホラー小説に取材し、展示・葛藤(かっとう)・解決の三幕に、少年や美女の薄幸、悪漢のたくらみ、善の勝利を案配、スペクタクルに仕立て、ブールバール(パリ北辺のタンプル大通りの俗称)の劇場で大衆の涙と熱狂をよんだが、筋が荒唐無稽(むけい)で人物も類型的すぎ、今日では顧みられない。

岩瀬 孝]

『岩瀬孝・伊藤洋・佐藤実枝著『フランス演劇史概説』(1978・早稲田大学出版部)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ピクセレクール」の解説

ピクセレクール
Pixérécourt, René Charles Guilbert de

[生]1773.1.22. ナンシー
[没]1844.7.27. ナンシー
フランスの劇作家。当時人気のあったメロドラマの第一人者であり,数多くの作品を残した。代表作『森の子ビクトール』 Victor ou l'enfant de la forêt (1798) ,『アペニン山中の城,またはユドルフの怪奇』 Le Château des Apennins ou Les Mystères d'Udolphe (99) ,『神秘の子コリーナ』 Cœlina ou l'enfant du mystère (1800) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「ピクセレクール」の解説

ピクセレクール【René Charles Guilbert de Pixérécourt】

1773‐1844
フランスの劇作家。18世紀末から19世紀初頭にかけて栄えたメロドラマの代表的作者。単独あるいは共同で100以上の作品を書き,〈メロドラマの父〉とあだ名された。おもな作品は《ビクトル,または森の子》(1798),《ケリナ,または神秘の子》(1800),《バビロンの廃墟》(1810)など。舞台にはよく盗賊や死骸などが現れ,その恐ろしい雰囲気が大衆に受けた。【山田

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のピクセレクールの言及

【メロドラマ】より

…古典劇のほとんどでは,題名が劇中の主人公を表し,場所は一つに限定されているのに対して,メロドラマでは地方色を表すさまざまな装置の変化が特徴的である。こうして19世紀初頭,代表的なメロドラマ作者ギルベール・ド・ピクセレクールが現れるに及んで,メロドラマは,パリのタンプル大通りに密集する劇場で全盛を極め,以下に述べるようなその演目の内容から,タンプル大通りには〈犯罪大通りBoulevard du Crime〉という別名も生まれた。 メロドラマの内容としては,当時流行したゴシック・ロマンス怪奇小説の影響が大きい(フランスではこれらの小説は〈ロマン・ノアール〉(暗黒小説)と呼ばれた)。…

※「ピクセレクール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android