コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピジン・イングリッシュ pidgin English

翻訳|pidgin English

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピジン・イングリッシュ
pidgin English

主として通商のために用いられる,簡略化された文法と極度に制限された語彙をもつ英語。大航海時代以来,世界各地に生じ,現在もメラネシアや中国沿岸などで用いられる。英語の business (商売) が中国でなまって pidginになったといわれる。一般に上述の特徴をそなえ,しかも生得の自然言語になっていないものをピジン語という。なおピジン語がその社会の母国語となった場合には,クレオル語と呼ばれる。 (→ピジン=クレオル語 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のピジン・イングリッシュの言及

【ピジン諸語】より

…〈ピジン〉という名称の語源には,英語の〈business(仕事)〉の中国語訛り起源説,ポルトガル語〈ocupação(職業)〉の中国語訛り説,ヘブライ語〈pidjom(交易)〉説,南米ギアナ沿岸の先住民の言語の〈pidian(人間)〉説などがある。現在のところは,〈buisiness〉説が一般的である。 人間の歴史は,民族移動,戦争,交易,移民,探検などによる,異なった文化や言語を持つ人々同士の接触の歴史でもあった。…

【メラネシア人】より

…東部メラネシア諸語とポリネシア諸語との密接な関係が報告されているが,メラネシア諸語研究に関しては未解決の問題が多く残されている。一方,メラネシアで広く話されている言葉に混合語のピジン・イングリッシュがある。19世紀にオーストラリアのクイーンズランドの農園の求めに応じて安い労働力を探す奴隷商人(ブラックバーダーblackbirderと呼ばれる)の暗躍が始まり,ソロモン諸島やニューヘブリデス諸島の島民がその犠牲になった。…

※「ピジン・イングリッシュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピジン・イングリッシュの関連キーワードニューギニア高地民コモンウェルス文学リングア・フランカピジン=クレオル語ビーチ・ラ・マールマレクラ[島]クレオール語シングシングソロモン諸島バヌアツ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android