コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピッカリング ピッカリング Pickering, Edward Charles

6件 の用語解説(ピッカリングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピッカリング
ピッカリング
Pickering, Edward Charles

[生]1846.7.19. ボストン
[没]1919.2.3. マサチューセッツケンブリッジ
アメリカ天文学者物理学者ハーバード大学卒業 (1865) 後,マサチューセッツ工科大学物理学教授 (67) となり,アメリカの諸大学にさきがけて学生実験室の確立に尽力。ハーバード大学天文学教授および同大学天文台台長 (76) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ピッカリング
ピッカリング
Pickering, William Henry

[生]1858.2.15. アメリカ合衆国,マサチューセッツ,ボストン
[没]1938.1.17. ジャマイカマンデビル
アメリカ合衆国の天文学者。エドワードチャールズピッカリングの弟。マサチューセッツ工科大学卒業。1887年ハーバード大学教授に就任。各地で皆既日食の観測をしたほか,1900年ジャマイカにも天文台を設立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ピッカリング

米国の天文学者。1877年ハーバード天文台長。恒星の光度を組織的に観測,恒星スペクトルを分類してスペクトル型を決めたが,これはヘンリードレーパー星表として公刊された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ピッカリング【Edward Charles Pickering】

1846‐1919
アメリカの天文学者。ボストンに生まれ,大学で土木を学び,1867年新設のマサチューセッツ工科大学の物理学の助教授,76年にハーバード大学の天文学教授となり天文台長を兼ねた。42年間その職にあり,アメリカの天文学をリードした。星の明るさを測る子午線光度計を考案して測光観測を行い,のちに南天の星を加えて6.5等よりも明るい全天9100個の星の《ハーバード改訂測光カタログ》(略称HR)を作った。HR番号は今でも星の名まえとして広く用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ピッカリング【Edward Charles Pickering】

1846~1919) アメリカの天文学者。子午線光度計を発明し、恒星の光度測定やスペクトル分析などに業績を残した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピッカリング
ぴっかりんぐ
Edward Charles Pickering
(1846―1919)

アメリカの天文学者。広範な恒星の光度表と分光表の作成者。ボストンに生まれ、1865年ハーバード大学を卒業。1867年マサチューセッツ工科大学の物理学教授となり、教育用実験の器具装置を初めて設備した。1876年ハーバード大学天文学教授兼同天文台長に就任し、1882年に天体測光術を、1885年に恒星分光術を再検討した。まず子午線光度計を発明のうえ、4万5000個余の恒星の光度を組織的に測定して、国際的基準を設定した。1891年にはペルーアレキパに天文台支所を開設し、全天の精査結果を1908年に『改訂ハーバード光度星表』の名で公刊した。またこれと並行して全天にわたる分光観測も、ドレーパーの意図を発展させて組織的に継続していった。対物プリズムを駆使し、天文台員が総力をあげた成果として、1917年『ヘンリー・ドレーパー分光型星表』が完成。イギリス王立天文協会の金賞を1886年、1901年の2回授与されたが、その観測歴は42年、撮影写真は30万枚に及ぶ。
 弟のヘンリーWilliam Henry Pickering(1858―1938)も天文学者。マサチューセッツ工科大学を卒業。アレキパに天文台支所を建設の際は兄に協力し、またアメリカ・アリゾナ州のローウェル天文台建設でも尽力した。1898年、土星の第9衛星フェーベPhoebeを発見した。[島村福太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピッカリングの関連キーワードアメリカの学者アメリカの声ボストン交響楽団ボストン美術館アメリカの夢アメリカの影ボストン・バロックボストン・パブリックボストン・ポップス・オーケストラボストン・バレエ団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピッカリングの関連情報