コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピレネー山脈 ピレネーさんみゃく Pyrénées

翻訳|Pyrénées

3件 の用語解説(ピレネー山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピレネー山脈
ピレネーさんみゃく
Pyrénées

イベリア半島とヨーロッパ大陸の接合部に東西に横たわる山脈。スペインではピリネオス山脈 Pirineos。主稜線はほぼスペインフランスの国境をなす。延長約 440km,最大幅約 130km。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ピレネー‐さんみゃく【ピレネー山脈】

ピレネー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピレネー山脈
ぴれねーさんみゃく
Pyrnes

ヨーロッパ西部、イベリア半島の付け根を西北西東南東の方向に走る大山脈。北のビスケー湾から南の地中海まで約430キロメートルにわたる。フランスとスペインの国境をなし、東部国境には小国アンドラが位置する。[田辺 裕・滝沢由美子]

地形・地質

ピク・デュ・ミディ山塊より東の山脈中央部は中軸地帯とよばれ、最高峰のアネト山(3404メートル)をはじめマラデッタ山(3309メートル)、ペルディード山(3355メートル)など、3000メートルを超す高峻(こうしゅん)な山々が連なる。基盤は古生代の、とくにバリスカン造山運動により形成された山塊であり、現在の山脈は新生代に入っておこったアルプス造山運動に伴う隆起により形成され、片麻(へんま)岩、粘板岩、石灰岩、花崗(かこう)岩よりなる。南北斜面は非対称をなし、北側斜面のほうが急で、中央部山麓(さんろく)にはランヌムザン大扇状地が形成されている。南側はエブロ川低地に向かい、何列もの小山脈や山麓面が連なる長い斜面をなしている。西部のバスク・ピレネーは1000~2000余メートル、東の地中海ピレネーのカニーグ山(2785メートル)周辺では三つの支脈に分かれ、徐々に高度を下げている。これらの部分では古くから峠道による南北交通が盛んであり、それぞれバスク人、カタルーニャ人が南北両斜面に居住してきた。稜線(りょうせん)上には圏谷(カール)が並び、西で1400メートル、東で2000メートル以上に第四紀の氷食地形がみられるが、現在の雪線高度は西で2700メートル、東で3100メートルである。[田辺 裕・滝沢由美子]

植生・産業

森林限界は中央部で2500メートルぐらいであり、それ以上では矮性(わいせい)低木林や草地となる。植生は、バスク・ピレネーではエニシダ、ユーカリなどのみられる湿潤温帯林であるが、中央ピレネーでは南北で植生が異なる。北側では、山麓でブナや野生カエデ、山腹800~1600メートルでアカマツやモミを含むブナ林を特徴とするのに対して、南側では、山麓でセイヨウヒイラギガシやコルクガシ、常緑樹、山腹でクロマツが卓越する。また、原生の植被が一度破壊され、15世紀ごろよりドイツトウヒが植林されている所が多く、谷間や盆地ではトウモロコシ、小麦、それより高所ではライムギが栽培されている。また、南側および地中海側ではオリーブ(800メートルまで)、ブドウ(1000メートルまで)、アーモンド、イチジクなどが栽培されている。農業、牧畜を主産業とする地域であるが、水力発電所の建設や天然ガスの採掘、旧来の温泉保養客に加え、自動車道建設に伴う夏の観光客や冬のスポーツ客の増加により、経済は変化しつつある。[田辺 裕・滝沢由美子]
『テーヌ著、杉冨士雄訳『ピレネ紀行』(1973・現代思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピレネー山脈の関連キーワードヨーロッパクサリヘビイベリア半島旧大陸ヨーロッパトルコヨーロッパロシアヨーロッパポイントポルトヨーロッパイベリア語五大州(五大陸)《クックのヨーロッパ大陸時刻表》

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピレネー山脈の関連情報