コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピーコック ピーコックPeacock, Reginald

6件 の用語解説(ピーコックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピーコック
ピーコック
Peacock, Reginald

[生]1395頃.ウェールズ
[没]1460. ケンブリッジシャー,ソーニイアベー
イギリスの聖職者。「15世紀最大の神学者」と呼ばれ,聖職者を非難するロラード派への反駁文"Repressor of over-much weeting of the clergie" (1455) で有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ピーコック
ピーコック
Peacock, Thomas Love

[生]1785.10.18. ウェイマウス
[没]1866.1.23. ハリフォード
イギリスの小説家,詩人。シェリーの友人,メレディスの岳父。独学で古典文学を修め,長年東インド会社に勤務した。小説『ヘッドロング邸』 Headlong Hall (1816) ,『夢魔院』 Nightmare Abbey (18) ,『奇想城』 Crotchet Castle (31) などは,筋らしい筋もなく風変りな人物がくつろぎながら長大な会話を繰広げ,世相や著名な人物を風刺するというもので,ほかに中世的ロマンスに重点をおいたものに『メアリアン姫』 Maid Marian (22) ,『エルピンの不幸』 The Misfortunes of Elphin (29) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ピーコック

英国の小説家,詩人。代表作《夢魔僧院》(1818年)は,シェリーコールリジバイロンを思わせる人物の雑談を風刺的につづったユニークなもの。ほかに詩《シェリーの追憶》(1858年―1862年)など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピーコック【Thomas Love Peacock】

1785‐1866
イギリスの小説家。ロンドンの商人の家に生まれた。詩人シェリーと親交を結んだがロマン主義の思想にはつねに一定の距離を保ち,懐疑的な詩論《詩の四つの時代》(1820)を書き,それへの反駁(はんばく)である《詩の擁護》(1821)をシェリーが執筆するきっかけをつくった。W.スコット風のロマンティック冒険小説も書いたが,彼の本領は田舎の屋敷に当代の思想傾向を代表する各種の奇人変人が集まり,議論を戦わせるという設定の風刺小説である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ピーコック【peacock】

孔雀くじやく

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ピーコックの関連キーワード反訴農林水産省のヤミ専従疑惑専称寺日奈久[温泉]フランス料理一色詮範今川貞世今川泰範上杉朝宗宇都宮持綱

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピーコックの関連情報