コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファイバーボード fiberboard

翻訳|fiberboard

百科事典マイペディアの解説

ファイバーボード

繊維板とも。植物繊維をパルプ化して接着剤を添加し,成板→乾燥→増湿処理→定尺仕上げの工程を経て成板した建築材料。JIS分類では比重0.4以下を軟質繊維板インシュレーションボード),比重0.4〜0.8を半硬質繊維板(セミハードボード),比重0.8以上を硬質繊維板(ハードボード)という。
→関連項目バガスボード木材工業

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

リフォーム用語集の解説

ファイバーボード

蒸解した木材繊維を接着剤と混合し熱圧成型した木質ボードの一種。比重が小さい方からインシュレーションボード、MDF、ハードボードに区分される。パーティクルボードよりもエレメントが小さいために均質であり、木材の持つ異方性は殆ど無い。原料として未利用廃材や低質木材が主に利用されるリサイクル製品である。FBと略されることもある。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ファイバーボード【fiberboard】

主として木材を解繊し,これを成形して板状にしたもので,繊維板とも呼ばれている。JISによれば,製品の比重によって分類されており,比重0.8以上のものをハードボード,0.4以上0.8未満をセミハードボード,0.4未満をインシュレーションファイバーボードと規定している。ハードボードは,木材繊維に少量のフェノール樹脂を加えて熱圧成形したもので,強度が高く,曲げ,穴あけなどの二次加工が容易にでき,建築,家具材料,電気機器,自動車部品材料などに用いられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファイバーボード
ふぁいばーぼーど

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のファイバーボードの言及

【改良木材】より

…このことから改良木材を木質材料と呼ぶことが多くなってきている。現在,木材工業の中心は製材工業から集成材,合板,パーティクルボード,ファイバーボードなどの材料およびこれらを処理,複合した製品,すなわち改良木材を製造する工業に移ってきたといえよう。
[改良木材の種類]
 改良木材には多種多様なものがあるが,基本となるものとして次の4種があげられる。…

※「ファイバーボード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ファイバーボードの関連キーワード繊維植物木製品チップ原木

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android