コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファンタン・ラトゥール ファンタンラトゥール

2件 の用語解説(ファンタン・ラトゥールの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ファンタン・ラトゥール

フランスの画家。グルノーブル生れ。肖像画家の父に学んだのち,ルーブル美術館で古典を模写した。マネホイッスラー印象派の画家と交わる一方,クールベの影響を受け,写実的な肖像画や花の絵を描いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファンタン・ラトゥール
ふぁんたんらとぅーる
Henri Fantin-Latour
(1836―1904)

フランスの画家。グルノーブル生まれ。地方の肖像画家として名声のあった父から手ほどきを受け、家族とともにパリに出、1851年にはルコック・ド・ボワボードランのアトリエに入った。同時にルーブルで模写を行う。同年輩のマネやホイッスラーら当時の前衛の画家たちと親交をもち、カフェ・ゲルボアの仲間に加わってもいる。彼の作品は次の三つのグループに分けられる。第一は花や果物などの静物画で、その精緻(せいち)な描写により当時収集家の間でもっとも人気が高かった。第二は17世紀オランダにその源をもつ団体肖像画で、64年の『ドラクロワ礼賛』、69~70年の『バティニョルのアトリエ』、72年の『テーブルの一隅』などの代表作がある。こうした写実的作品に対し第三のグループは、シューマン、ベルリオーズ、ワーグナーなどロマン派音楽の作品から想を得たもので、ロマン主義的、象徴主義的色彩を色濃くとどめている。彼は、19世紀後半における写実主義の展開とロマン主義の継承という点で、重要な役割を演じた。オルヌ県ビュレで没。[大森達次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファンタン・ラトゥールの関連キーワードアングルカピタンクルーエグルノーブルブラマンクホルバインノーブラノーブルファンダイクルノートル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone