フィッツジェラルド(読み)ふぃっつじぇらるど(英語表記)Ella Fitzgerald

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィッツジェラルド(Ella Fitzgerald)
ふぃっつじぇらるど
Ella Fitzgerald
(1918―1996)

アメリカのジャズ歌手で、ジャズ・ボーカルの女王的存在。バージニア州生まれ。1934年ニューヨークの劇場におけるコンテストで優勝。まもなく名ドラマーであるチック・ウェッブの楽団に参加。38年に自作『ア・ティスケット・ア・タスケット』が大ヒットして人気スターになり、41年ソロ活動に入った。46年からノーマン・グランツのグループJATPの公演旅行に参加、53年(昭和28)初来日。52~71年までジャズ誌『ダウン・ビート』の人気投票で連続1位を続けた。250枚以上のアルバムに参加、グラミー賞12回など受賞多数。歌曲に対する的確な解釈、スウィング感、創造性、高度のテクニック、大きい個性をもち、人柄の出た明るい歌唱で50年以上も広く親しまれてきた。健康を害して93年に引退。[青木 啓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィッツジェラルドの関連情報