コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィナンシャル・タイムズ フィナンシャル・タイムズ Financial Times

3件 の用語解説(フィナンシャル・タイムズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィナンシャル・タイムズ
フィナンシャル・タイムズ
Financial Times

イギリスの代表的な日刊経済新聞。 1888年創刊。週刊誌の『エコノミスト』同様に,イギリス国内経済および世界経済全般について適切な報道を行うとして評価されている。発行部数 30万 3573 (1997) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

フィナンシャル・タイムズ

イギリスの日刊新聞。米国のウォール・ストリート・ジャーナル紙と並び称される国際的経済誌で、フィナンシャル・タイムズ・グループが発行している。1888年にロンドンで創刊され、1957年にはイギリスの教育・出版大手企業ピアソンPLCの傘下となった。有料購読者数は73万7000人(公称)で、うち電子版の購読者が7割を占める。2015年7月23日、日本経済新聞社がピアソンPLCより、フィナンシャル・タイムズ・グループの全株式を8億4400万ポンド(約1600億円)で買収することを発表した。

(2015-7-27)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィナンシャル・タイムズ
ふぃなんしゃるたいむず
Financial Times

イギリスの経済専門日刊紙。1888年、シェリダンJames Sheridanとその兄弟によって創刊され、その後競合する経済紙4紙との競争を経て、1945年に残る最後の1紙『フィナンシャル・ニューズ』を買収し、イギリスを代表する経済紙の地歩を固めた。トレードマークでもあるピンク色の新聞紙は創刊間もない1893年から使われている。1957年には、大手メディア企業ピアソンの傘下に入り、ペンギン・ブックス部門、教育部門とともにグループの一角を構成するようになった。国内にとどまらず、世界のビジネス・金融ニュースを報道するほか、政府の経済政策についての論説・意見は大きな影響力をもつ。部数こそ多くないが、その権威と伝統においてアメリカの『ウォール・ストリート・ジャーナル』と並んで世界の双璧(そうへき)をなす。海外展開も活発で、1979年にヨーロッパ大陸に進出、1985年に国際版をアメリカで刊行し、1997年からは本格的にアメリカ版を創刊した。印刷拠点は、アメリカ国内に8か所、イギリスに3か所、それ以外の国々に13か所を有する。ウェブ版は1995年からスタートした。本紙部数は2000年時の43万部から2011年には38万部へと減少している。[橋本 直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィナンシャル・タイムズの関連キーワード日本経済新聞イギリス巻コリエーレデラセーラ観光経済新聞金融経済新聞建設経済新聞水産経済新聞中部経済新聞日刊食品通信日本工業経済新聞

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フィナンシャル・タイムズの関連情報