コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィブリノゲン ふぃぶりのげんfibrinogen

翻訳|fibrinogen

知恵蔵の解説

フィブリノゲン

血液凝固因子。肝臓で作られるたんぱく質で、糊状になって血液を固まらせて出血を止める。産婦人科や外科で使われた製剤は、薬害エイズを起こした血液製剤同様、1964年から87年まで、原料は輸入血液で非加熱だった。87年、青森県の肝炎集団発生でメーカーミドリ十字(当時)は回収、厚生省(当時)に報告したが、2001年に厚生労働省は再調査を指示。02年3月、ミドリ十字の併合会社三菱ウェルファーマ(旧ミドリ十字)は、患者約28万人のうち1万600人がC型肝炎(ウイルス肝炎)に感染したと報告した。患者は各地で国と製薬企業を相手に「薬害C型肝炎訴訟」を提起、2006年6月、大阪地裁は13人中9人の訴えを認める初めての判決を出した。

(田辺功 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

フィブリノゲン

国内外で採血した千〜1万人分の血液を濃縮して作られた止血剤。出産時に広く使われており、厚労省は04年12月、納入した医療機関を公表した。三菱ウェルフゼマは同省に対し、80年以降だけでも、投与された人のうち約1万人にC型肝炎が発生したと推定される、と報告している。

(2006-02-21 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィブリノゲン
ふぃぶりのげん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フィブリノゲンの関連キーワード子どもの血液の病気の特徴と対策フィブリノゲンとクリスマシン薬害C型肝炎九州訴訟血液製剤の投与記録C型肝炎と薬害訴訟フィブリノゲン製剤非加熱濃縮血液製剤薬害肝炎救済法B型・C型肝炎医療機関の公表薬害C型肝炎血液凝固因子薬害肝炎問題非加熱製剤血清血餅

フィブリノゲンの関連情報