コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリピン海 フィリピンかいPhilippine Sea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィリピン海
フィリピンかい
Philippine Sea

太平洋西部にある付属海の一つ。フィリピン諸島 (ルソン島,サマル島,ミンダナオ島など) の東縁に沿って広がる海域。周辺にはほかに,パラオ諸島,ヤップ島,ウリシ環礁,マリアナ諸島小笠原諸島,日本列島,琉球諸島,台湾などがある。南北 2900km,東西 2400km,面積 100万 km2。海底は周辺の島弧形成の際に,褶曲・断層運動によって構造盆地として形成された。平均水深 6000m,最深部はフィリピン海溝の1万 497m。海盆底からそびえ立つ多数の海山があり,一部は頂部が平坦な火山性平頂海山でサンゴにおおわれている。暖かい北赤道海流がフィリピン海南部を横切って西へ流れ,フィリピン諸島にぶつかって,一部はルソン島近くで北に転進して黒潮となり,一部は黒潮反流としてフィリピン海に戻り,さらに一部は北赤道反流となる。ハリケーンや台風の発生場所で,暴風雨は特に9月が強い。第2次世界大戦で,日米決戦の戦場とされた (1944) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フィリピンかい【フィリピン海 Philippine Sea】

東側は伊豆・小笠原,マリアナ,ヤップ,パラオの諸海溝で太平洋やカロリン海と境され,西には南西諸島海溝,フィリピン海溝,北には南海トラフ(成因的には海溝の一種)をもつ海域。大部分の海底は海洋性地域をもつ。中央部を九州南東方からパラオ諸島まで九州・パラオ海嶺と呼ばれる高まり(古島弧)が縦断する。九州・パラオ海嶺上の唯一の島である沖ノ鳥島(パレス・ベラParece Vela礁)は最南端(北緯約20゜)の日本領土である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フィリピンかい【フィリピン海】

伊豆・小笠原・マリアナ諸島、ヤップ・パラオ諸島、フィリピン諸島、台湾・南西諸島・日本列島南岸に囲まれた海域。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィリピン海
ふぃりぴんかい
Philippine Sea

フィリピン群島の東に接する西太平洋の一部。西はフィリピン群島、北西は台湾および日本の南西諸島、北東は小笠原(おがさわら)諸島、東はマリアナ諸島、パラオ諸島に囲まれる海域である。世界でもっとも深い海の一つで、フィリピン、琉球(りゅうきゅう)、マリアナ、ヤップなど多くの海溝があり、マリアナ海溝中には世界の海の最深点がある。海域南部は台風の発生地として知られ、フィリピン北部、沖縄、西日本にたびたび大被害をもたらす。[別技篤彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フィリピン海の関連キーワード地震・津波観測監視システム東海地震と東南海地震フィリピン海プレートユーラシアプレート伊豆九州・パラオ海嶺九州東南海・南海地震伊豆・小笠原海溝海盆(かいぼん)プレート境界地震プンタンサバネタ首都直下型地震日本列島の誕生フィリピン群島首都圏直下地震バリンタン海峡相模舟状海盆西日本火山帯海洋プレート

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィリピン海の関連情報