コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィルムバッジ film badge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィルムバッジ
film badge

放射線による個人の被曝線量を測定する器具。フィルムとバッジケースから成り,フィルムの黒化度から線量を推定する。直読式ポケット線量計 (ポケットチェンバー) を用いれば,被曝線量をただちに判定できる。放射線を取扱う職場では常に携帯し,一定期間ごとにフィルムを交換して,測定結果を保存しなければならない。ただし,被曝が最大許容年線量の 10分の3をこえることがほとんどない作業状況下では,携帯する必要はない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フィルム‐バッジ(film badge)

放射線を感じやすい特殊フィルムの入ったバッジ型容器。放射線作業者が身につけ、その感光度から被曝放射線量を測定する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

フィルムバッジ【film badge】

放射線検出用写真フィルムを適当なケースに入れた,個人の被曝線量を測定する器具。最も古くから用いられている。フィルムが放射線(X線γ線)をあびると黒化することを利用しており,バッジフィルムをバッジケースに収め衣服などにつけて使用する。一定時間後バッジフィルムを取り出して現像,その黒化の度合から被曝線量を測定する。現像したフィルムが長期間の保存に適するため,被曝の記録を保存する目的で,放射線作業者の全身線量を測定する方法として,フィルムバッジが一般に容認されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フィルムバッジ【film badge】

被曝放射線量を測定するための写真フィルムを入れたバッジ型容器。衣服などにつけて用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィルムバッジ
ふぃるむばっじ
film badge

放射線による人体の外部被曝(ひばく)を測定する個人モニタリング用測定器の一種。電離放射線の写真作用によってフィルムを黒化させ、その黒化度から放射線量を測定するもの。一般的にはフィルムと、放射線の種類やエネルギーを弁別するためのフィルターをつけたバッジケースから構成されている。胸部などの身体表面に装着して被曝線量を測定する。X線、γ(ガンマ)線、β(ベータ)線や中性子線などの線種を測定することができる。中性子線の場合、フィルムを直接黒化しないので、たとえば熱中性子線については、フィルターであるカドミウムとの核反応で生成されるγ線による黒化で、また速中性子線についてはフィルム乳剤中に生成される反跳陽子の飛跡によって測定できる。
 フィルムバッジは、小型・軽量で強度にすぐれることや現像済みフィルムを保存でき再度読み取り可能といった利点がある反面、放射線によってフィルム乳剤中にできた潜像を目に見える像として固定するための現像操作が必要であること、現像前の潜像の劣化(潜像退行現像)を生じさせる高温多湿環境下での長期間使用には不向きであること、フィルム市場の縮小による製品入手の制限などの難点があるため、熱ルミネセンス現象を利用したTLD線量計、光刺激ルミネセンス現象を利用したOSL線量計、ラジオフォトルミネセンス現象を利用した蛍光ガラス線量計等、フィルムバッジ以外の個人モニタリング用測定器が多用されるようになっている。また、デジタル表示で直読可能、警報機能の付帯も可能なシリコン半導体検出器を使用した電子式線量計も広く利用されている。[井澤庄治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フィルムバッジの関連キーワードモニタリング・システムモニタリング個人線量計

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android