コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外部被曝 がいぶひばくexternal exposure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外部被曝
がいぶひばく
external exposure

体外の放射線源から生体が放射線を受けること。放射線源が体内にある場合の内部被曝に対していう。外部被曝線量は,普通ポケット線量計やフィルムバッジにより測定する。放射線の生物に与える影響は強度だけでなく,放射線の種類,エネルギーによって異なる。外部被曝の場合,透過力の強い高エネルギーX線,γ線,中性子線が重要で,透過力の弱いα線やβ線,低エネルギーX線は皮膚への影響以外さほど重要ではない。このような効果を考慮した人体被曝量を表す単位としてシーベルト Sv (1Sv=100rem) が用いられる。これは吸収線量,線質係数,修正係数の積で求められる。線質係数は放射線の種類やエネルギーによる影響の違いを考慮に入れるための係数であり,この値が大きいほど人体への影響が大きい。修正係数は現在1とみなされている。外部被曝については許容量の基準が国内および国際的に定められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

がいぶ‐ひばく〔グワイブ‐〕【外部被×曝】

体外部の放射性物質や放射線発生装置による被曝α線は透過力が弱いため線源が体外にある限り悪影響はない。β線は1センチメートル程度の透過力があり、皮膚表面のみ被曝する。γ線は透過力が非常に強いため全身を被曝することがある。一方、体内に取り込んだ放射性物質からの被曝を内部被曝という。体外被曝体外照射。外照射。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の外部被曝の言及

【放射線障害】より

… また,身体的障害出現の様相は,被曝した線量の大きさに左右されるばかりでなく,どのような状態で,どのような放射線による被曝を受けたかということによって,大きく変化する。そのような観点から,放射線の発生源(線源)が外部にある場合の被曝形式を外部被曝(体外被曝)と呼び,身体内に取り込まれた放射性物質によって,身体内部から被曝するような形式を内部被曝(体内被曝)と呼んで,その障害を分けて考えるほうが理解しやすい。外部被曝については,透過性の強いX線,γ線,中性子線が問題となり,α線やβ線のような透過力の弱い放射線は,皮膚障害以外は,重要な問題とならない。…

※「外部被曝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

外部被曝の関連キーワードチェルノブイリ原子力発電所事故ホールボディーカウンター外部被曝と内部被曝放射線影響研究所アラームメーター放射性プルーム県の拡散想定図放射線測定器モニタリング預託実効線量安定沃素剤放射線障害個人線量計放射線被曝外部照射

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外部被曝の関連情報