コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィロン[ラリッサの] Philōn

世界大百科事典 第2版の解説

フィロン[ラリッサの]【Philōn】

前160か159‐前80ころ
古代ギリシアの哲学者。北ギリシア,テッサリア地方の市ラリッサLarissaに生まれる。故郷でカルネアデスの徒カリクレスに学んだのち,アテナイに遊学してクレイトマコスの弟子となり,彼のあとを継いで前110または109年にアカデメイアの学頭となる。第1次ミトリダテス戦争中の前88年に戦乱をさけてアテナイからローマに逃れ,この地で哲学さらに修辞学を教えた。彼の弟子に詩人カトゥルス父子らがいるが,とりわけ有名なのはキケロである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

フィロン[ラリッサの]の関連キーワード相場操縦雨量因子エウメネス2世自己株式テレンティウスNゲージオオカミ調書(訴訟法)否認権WTI

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android