コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカデメイア Akadēmeia

3件 の用語解説(アカデメイアの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

アカデメイア【Akadēmeia】

紀元前387年頃、プラトンがアテネの郊外に建てた学園。プラトンの死後も後継者が輩出したが、529年東ローマ皇帝ユスティニアヌスにより異教思想の温床として閉鎖された。アカデミア。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アカデメイア【Akadēmeia】

387年ころ,アテナイの北西郊外にある公共体育場アカデメイアを利用するかたちでプラトンによって開設された学園。教育カリキュラムなど不明だが,数論,幾何学,天文学などが最重要の予備学として教授研究されたことは確実である。学園の究極目的は哲学研究にあったが,衰えつつあったギリシア諸国家を救うための,哲学的訓練に基づく理想的な政治家の養成が重要な実践的目的とされていたことも注目される。このアカデメイアにおける学問の純理論的数学的性格と実践的性格は,以後のヨーロッパ的学問の伝統的性格を規定し,形成したといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカデメイア
あかでめいあ
Akadmeiaギリシア語

プラトンが紀元前385年ごろに開いた学園。アテネの北西郊外、半神アカデモスAkadmosの神域にあったので、この名がある。プラトンはここで弟子たちと禁欲的な共同生活を営み、とくに数学の研究を重んじた。彼の死後は代々の学頭が後を継ぎ、前3~前2世紀には懐疑論が有力となり、後5世紀には新プラトン主義哲学の中心となったが、529年にビザンティン皇帝ユスティニアヌス1世の命により閉鎖された。「アカデミー」の起源。[清永昭次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアカデメイアの言及

【アカデミズム】より

…プラトンはアテネ郊外のアカデメイアを中心に学問を講じたが,ここでは俗塵を離れてひたすら真理を探究する精神が称揚された。アカデミーとアカデミズムはここに起源をもち,学問研究の中心をなす学術研究者の団体や研究機関や学校がアカデミーと呼ばれ,世俗を離れた純粋な研究態度がアカデミズムと呼ばれるようになった。…

【学校】より

… 学校ができれば,そこでどのような教育方法をとるべきか,が問題となる。古代ギリシアのアカデメイアを例にとると,まずプラトンは講義形式による教育はほとんど行わず,一問一答により学習に助言を与え,研究を組織する方式をとった。彼は,教える者と学ぶ者とがともに生活し,対話を重ねるなかで魂に点火し,それをみずから育てることが大事だと考えていた。…

【ギリシア科学】より

…プラトンはこれをうけついで,イデアを倫理的行為の問題だけではなく,再び自然学のなかにとり入れ,その著《ティマイオス》において創造者(デミウルゴス)がイデアを〈範型〉としてこの宇宙をつくり上げる独特の数学的自然学を展開した。彼はまたアカデメイアという研究所をつくり,〈哲人王〉たるための哲学をきわめると同時に,イデア的考察に資するものとして純粋数学や理論天文学の研究をエウドクソスらとともに推進した。 プラトンのイデア論とイオニアの自然学とをある意味で統合したのがアリストテレスである。…

【クセノクラテス】より

…古代ギリシアの哲学者。黒海沿岸のカルケドンに生まれ,プラトンのアカデメイアに学んだ。師の没後,アリストテレスらとともに小アジアに赴いたが,のちにアカデメイアの第3代学頭となった(前339‐前314)。…

【プラトン】より

…父はアリストンAristōn,母はペリクティオネPeriktiōnē。かなり年長の兄にアデイマントスAdeimantosとグラウコンGlaukōn,姉(または妹)にポトネPōtōnēがいて,彼女の息子スペウシッポスSpeusipposが,プラトンの死後アカデメイアの学頭を継承する。父アリストンは早逝したらしく,ペリクティオネは彼女の叔父ピュリランペスPyrilampēsと再婚し,プラトンの異父弟にアンティフォンAntiphōnが生まれている。…

※「アカデメイア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アカデメイアの関連キーワードアイスキネスアテナイカリクラテスキモン当て無し西郊ペラマ洞窟マサズィルギュルミルティアデスクレオメネス[1世]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アカデメイアの関連情報