ディアスポラ(英語表記)Diaspora

  • 〈ギリシャ〉Diaspora

翻訳|Diaspora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギリシア語で「散らされている」を味し,ユダヤ人パレスチナ以外のに移り住んでいた人々をさす。ヘブライ語ではガルート(「追放」の意)。その起源は,おもだったユダヤ人をバビロニアに強制移住させた前586年のバビロン捕囚である。アケメネス朝ペルシアのキュロス2世が寛容勅令を出したとき,囚のユダヤ人は一部帰国した(前538)。同じ頃エジプトのナイル川上流のエレファンティンにもユダヤ人が多く移住していたことが知られている。古代最大の地はアレクサンドリアで,前1世紀の人口の 40%がユダヤ系であった。1世紀のディアスポラ人口は 500万に達し,その 5分の4はローマ帝国内に住んでいた。70年のエルサレム滅亡によって,内外のユダヤ人はすべて政治的・精神的故郷を失い,オリエント,ローマ世界の大都会で土着化し始めた。彼らはそこでも言語,宗教儀礼,教育などで独自の伝統に従い,一般人と隔絶した生活を送った。そのため古くから地域住民との間に紛争が絶えず,アレクサンドリアでは前1世紀半ばから,ローマにおいても前139年にユダヤ人が迫害された記録がある。1世紀中頃すでにユダヤ人は東はペルシア,メソポタミア,さらに小アジアの各地やアフリカ北部にも移住していた。使徒パウロキリスト教の伝道も,ディアスポラのユダヤ人を足場として展開された。ユダヤ教徒自身のディアスポラ観は必ずしも常に同一でなく,正統派から改革派までさまざまである。現代におけるそのおもな違いはシオニズム運動とイスラエル国家の存在を認めるかどうかである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

離散」を意味するギリシャ語。本来はパレスチナ以外の地に移り住んだユダヤ人とその社会を指すが、今はユダヤ人に限らず、故郷や祖先の地を離れて暮らす人やコミュニティーにも使われる。 アフリカ出身で国外にいる現代のディアスポラは、2017年の国連の統計によると3600万人以上。欧州には、地理的に近い北アフリカ諸国、紛争が続くソマリアスーダン、産業に乏しいブルキナファソなどの出身者が多い。家族への送金母国の経済を支えており、セネガルカボベルデでは国内総生産(GDP)の約1割を占める。

(2019-08-17 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

〈離散〉を意味するギリシア語バビロン捕囚後にユダヤ人が異邦人の土地へと離散したという聖書の記述に由来し,本来はイスラエルから他のさまざまな場所へと移り住んだユダヤ人とその子孫の共同体をさす。しかし〈元は同じ場所に住み一つの文化を形成していたがその後は各地へ移住した状態にある〉という意味で,ユダヤ人に限らず使われる。また移住した先の場所や移住の経験自体もさす。新世界の各地に連行されたアフリカ人奴隷の子孫は,アフリカン・ディアスポラまたはブラック・ディアスポラと呼ばれる。ディアスポラは移住先の文化を少なからず変質させる。また,パン・アフリカニズムのように離れた場所で一つの思想や運動が展開するのは,離散した人々がそれぞれの移住先にいながらも起源地へのアイデンティティを保つからである。ディアスポラの問題を考えるには,国や地域という枠組みに固執せず,近代世界の構造までも視野に含める必要がある。
→関連項目マージナル・マン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

本来は〈離散〉を意味するギリシア語。パレスティナを去って世界各地に居住する〈離散ユダヤ人〉とそのコミュニティを指す。1948年にイスラエル共和国が建国されて以来,イスラエル外に住む現代のユダヤ人もディアスポラと呼ばれるが,離散ユダヤ人が,歴史上特に大きな役割を果たしたのは,ギリシア・ローマ時代である。これら離散ユダヤ人は,前6世紀にバビロニア人が捕囚したユダの人々の子孫だけではなく,その後の歴史を通じて,政治的・経済的理由などから各地に散った人々であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

離散の意
パレスチナ以外の地に住むユダヤ人、またその社会をいう語。転じて、原住地を離れた移住者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

「離散」「散在」を意味するギリシア語。おもにヘレニズム時代以降、パレスチナ以外の地に住むユダヤ人およびその共同体をさす。「離散ユダヤ人」「離散の地」の意にも用いられる。離散ユダヤ人の大部分はヘレニズム・ローマ文明の支配下に置かれ、離散の地の諸国におけるユダヤ人の経済活動は特定の職業に限定されることなく諸分野に及んでいた。彼らはユダヤ教を堅持しながら特異な共同体を組織していたため迫害を受けた。イエスの使徒パウロも離散ユダヤ人の出身であり、初代キリスト教会はディアスポラのユダヤ人とその会堂を拠点として伝道活動を行った。『旧約聖書』のもっとも重要なギリシア語訳『七十人(しちじゅうにん)訳聖書』(セプトゥアギンタ)は、アレクサンドリア周辺に住むディアスポラのためになされた翻訳である。[高橋正男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(Diaspora 「散らされた者」の意) 〘名〙 離散して故郷パレスチナ以外の地に住むユダヤ人。また、その共同体。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

ギリシア語で「離散」の意。ユダヤ人がその故郷パレスチナ以外に散在・定住すること。また,そうした人びとや土地もさす。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のディアスポラの言及

【ユダヤ教】より

… ペルシア時代以来,多数のユダヤ人が,パレスティナ本国以外の世界各地に居住していた。彼らをディアスポラ(離散民)と呼ぶ。ディアスポラは,ヘレニズム・ローマ時代に大発展を遂げ,1世紀に,その人口は本国のユダヤ人の数十倍に達していた。…

※「ディアスポラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ディアスポラの関連情報