コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィロン フィロンPhilōn

4件 の用語解説(フィロンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フィロン(Philōn)

[前20ころ~50ころ]アレクサンドリアユダヤ人哲学者。ユダヤ思想とギリシャ哲学との融合を図った。アレクサンドリアのフィロン

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

フィロン

古代のユダヤ人哲学者。アレクサンドリアの人。プラトンストア学派を援用しつつ多くの旧約聖書注解をなして比喩的解釈の方法を示すとともに,神と世界の媒介者としての〈ロゴス〉概念を導入して,オリゲネスらのキリスト教神学者に影響を与えた。

フィロン

古代ギリシアの哲学者。テッサリアラリッサの人。カトゥルスキケロの師。カルネデアスらのアカデメイア学派哲学とストア主義を折衷した独自の懐疑原理を立てたことで知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

フィロン【Philōn】

前25頃~後45頃) アレクサンドリアのユダヤ人哲学者。旧約聖書の注釈を行い、ユダヤ教とギリシャ哲学(ことにプラトン主義)を結合させ、ロゴスを神の仲介者と考えた。著「摂理論」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フィロンの関連情報