コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィロン フィロン Philōn

4件 の用語解説(フィロンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フィロン(Philōn)

[前20ころ~50ころ]アレクサンドリアユダヤ人哲学者。ユダヤ思想とギリシャ哲学との融合を図った。アレクサンドリアのフィロン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フィロン

古代のユダヤ人哲学者。アレクサンドリアの人。プラトンストア学派を援用しつつ多くの旧約聖書注解をなして比喩的解釈の方法を示すとともに,神と世界の媒介者としての〈ロゴス〉概念を導入して,オリゲネスらのキリスト教神学者に影響を与えた。

フィロン

古代ギリシアの哲学者。テッサリアラリッサの人。カトゥルスキケロの師。カルネデアスらのアカデメイア学派哲学とストア主義を折衷した独自の懐疑原理を立てたことで知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

フィロン【Philōn】

前25頃~後45頃) アレクサンドリアのユダヤ人哲学者。旧約聖書の注釈を行い、ユダヤ教とギリシャ哲学(ことにプラトン主義)を結合させ、ロゴスを神の仲介者と考えた。著「摂理論」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィロンの関連キーワードアレクサンドリア学派アレクサンドリア教校ゼノドトスカタリナアレキサンドリアアレクサンドリア文庫アレクサンドロフスキー宮殿リビアのユダヤ人クレメンス[アレクサンドリアの]フィロン[アレクサンドリアの]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フィロンの関連情報