コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォックス・トロット fox trot

翻訳|fox trot

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォックス・トロット
fox trot

第1次世界大戦の頃からアメリカの社交ダンスで流行したステップおよびそのリズムの名称。中庸テンポのラグタイムや,ジャズ・テンポの4分の4拍子の曲を用いる。喜劇役者 H.フォックスが用いたステップに由来するともいわれる。一時はダンス音楽の代名詞として用いられるほど盛んになり,ヨーロッパにも普及した。テンポの速いものをクイック・フォックス・トロット,遅いものをスロー・フォックス,スロー・トロットなどと呼んだが,今日では演奏用語としては使われなくなり,社交ダンス用語としてのみ残されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォックス・トロット
ふぉっくすとろっと
fox trot

ダンス音楽用語。元来は中庸テンポの4/4拍子で演奏されるジャズやポピュラー音楽のリズム、あるいはその音楽で踊られる社交ダンスのステップに対する呼称。1910年代に動物の歩く速度にヒントを得てつけられたもので、ほかにもターキー・トロットturkey trotとかキャメル・ウォークcamel walkなどとよばれるステップも生まれたが、10年代中ごろアメリカで大流行したのがフォックス・トロットで、ヨーロッパや日本でも流行し、ダンス音楽の代名詞ともなった。現在では演奏リズムに対する呼称として使われることはなく、社交ダンス用語として使われているにすぎない。[青木 啓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フォックス・トロットの関連キーワードウォッチャー・オブ・ザ・スカイスティーブ ハケットピーター ガブリエルフォックストロットフィル コリンズジャズ・ダンスワンステップジェネシス井田 一郎オペレッタジルバ青木

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android