コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルスター フォルスター Forster, Johann Georg

3件 の用語解説(フォルスターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォルスター
フォルスター
Forster, Johann Georg

[生]1754.11.26. ダンチヒ(現グダニスク)近郊ナッセンフーベン
[没]1794.1.12. パリ
ドイツの自然科学者。 J.クックの第2次世界周航に参加し,1777年『世界周航記』A Voyage Round the World (Reise um die Welt〈1778~80〉) を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フォルスター
フォルスター
Vorster, John

[生]1915.12.13. ジェームズタウン
[没]1983.9.10. ケープタウン
南アフリカ共和国の政治家,法律家。首相(在任 1966~78),大統領(在任 1978~79)。本名 Balthazar Johannes Vorster。オランダ移民の子孫。ステレンボッシュ大学卒業後,弁護士となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フォルスター【Johann Georg Adam Forster】

1754‐94
ドイツ啓蒙主義後期の知識人。ダンチヒ(現,ポーランドグダンスク)近郊の生れ。J.クック船長の航海に同行,《世界周航》(英文。1777)を著す。《ニーダーラインの展望》3巻(1791‐94)では鋭い観察眼をもって各地の風景,地誌,文化のほか,フランス革命の余波に揺れる政治情勢をも記す。革命支持派としてマインツジャコバン・クラブに参加(1792),革命下のパリに赴き,その情勢をドイツに伝え,革命の意義と必然性を説くが,同地で客死。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フォルスターの関連キーワードインテリゲンチアダンチヒヘベリウス統一ドイツシュトゥルム・ウント・ドゥラングクルムス新啓蒙運動啓蒙主義啓蒙主義的個人主義スコットランド啓蒙主義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フォルスターの関連情報