コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォンビージン フォンビージン Fonvizin, Denis Ivanovich

6件 の用語解説(フォンビージンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォンビージン
フォンビージン
Fonvizin, Denis Ivanovich

[生]1744/1745.4.14. モスクワ
[没]1792.12.12. ペテルブルグ
ロシアの作家。貴族の出身で初め風刺的な寓話を多く書き,農奴制社会を批判したが,その後劇作に向い,喜劇『旅団長』 Brigadir (1768~69) や『親がかり』において,フランス文化に盲従する貴族社会の無知,堕落の様相を皮肉った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フォンビージン(Denis Ivanovich Fonvizin)

[1744~1792]ロシアの劇作家。上流社会や農奴制下の地主階級を風刺した写実的な作品を発表。喜劇「旅団長」「親がかり」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フォンビージン

ロシアの作家。エカチェリナ2世治下の貴族社会を風刺したロシア写実劇の創始者の一人。喜劇《旅団長》(1769年),《親がかり》(1782年)が代表作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フォンビージン【Denis Ivanovich Fonvizin】

1744‐92
ロシアの劇作家。1762年モスクワ大学を中退して外務省に入り,以後20年間役人生活を送った。69年からは外交の責任者N.パーニンの秘書としてポーランド分割などに手腕を発揮した。学生時代から文学に関心をもち,デンマークの作家ホルベアドイツ,フランスの作家の作品を翻訳した。60年代半ばに一時帝室劇場を管理する職務についたころから演劇に対して興味をいだき,公務のかたわらいずれも5幕の喜劇《旅団長》(1770),《親がかり》(1782)を発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フォンビージン【Denis Ivanovich Fonvizin】

1744?~1792) ロシアの劇作家・啓蒙思想家。貴族社会を風刺し、農奴制を批判。喜劇「旅団長」「親がかり」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォンビージン
ふぉんびーじん
Денис Иванович Фонвизин Denis Ivanovich Fonvizin
(1744―1792)

ロシアの劇作家。1762年にモスクワ大学を中退してすぐに役人勤めを始め、以後20年間外務省や宮内省で勤務した。69年からは外務大臣パーニンの秘書官としてポーランド分割などで活躍した。早くから文学に関心を寄せ、デンマークの作家ホルベアやドイツ、フランスの作家の作品を翻訳するとともに、寓話(ぐうわ)詩や風刺詩を書く。60年代の中ごろに一時帝室劇場を管理する職務についたころから演劇に興味をもつようになり、公務のかたわらに、いずれも五幕からなる喜劇『旅団長』(1770)、『親がかり』(1782)を発表。前者は旅団長一家と退職した参事官夫妻の間の恋愛関係のもつれを筋として、当時の上流社会の間で顕著な現象となっていたフランスかぶれを風刺し、同時に官吏の腐敗ぶりを暴露したもの。後者は遺産を相続して突如として富裕になった孤児をめぐり、田舎(いなか)地主の家庭内の争いや、地主階級の無知ぶりを鋭く指摘している。とりわけ『親がかり』は非常な成功を収めたので、甘やかされたばか息子ミトロファンをはじめ主要な登場人物の名前は、それぞれのタイプを示す普通名詞になっている。社会批判はその後も衰えず、83年には『宮廷一般文法』を著して、啓蒙(けいもう)君主を気どるエカチェリーナ2世やその寵臣(ちょうしん)たちを痛烈に皮肉ったり、雑誌誌上で女帝と衝突したりした。[中村喜和]
『除村ヤエ訳『親がかり』(『ロシア文学全集35 古典文学集』所収・1959・修道社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォンビージンの関連キーワードポベドノスツェフミリュコーフモスクワ大学モスクワ大公国雀が丘モスクワ5000モスクワ・ソロイスツモスクワ・シティー・バレエ団ベネーリンモスクワ・ロシア

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone