コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォン・ノイマン Johann Ludwig von Neumann

世界大百科事典 第2版の解説

フォン・ノイマン【Johann Ludwig von Neumann】

1903‐57
ハンガリー生れの数学者。ブダペストに生まれワシントンに没す。ギムナジウムの先生が,〈ノイマンは数学に異常な才能をもっているから大学の教授に数学を教えてもらうように〉とノイマンの父(銀行家)に勧めたという。父がこの忠告に従ったためか,ノイマンは19歳のときには数学者として認められていたという。そして1927年から30年までベルリン大学やハンブルク大学の私講師の職についた。30年にはアメリカのプリンストン大学に教授として招かれ,33年には新設のプリンストン高級研究所教授となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフォン・ノイマンの言及

【期待効用理論】より

…この仮説に厳密な公理体系による裏づけが与えられたのは,1950年代に入ってからである。すなわち,フォン・ノイマンとモルゲンシュテルンらの示したことは,結果に関する確率分布の順序づけが強い独立性公理を含む一組の公理体系に従うならば,事象の生起に関する主観的確率分布と結果を評価する基数的効用関数が存在して,その順序に確率と効用の積の総和として表される期待効用の水準を対応させることができるということであった。その後,期待効用理論は,ゲーム理論と密接に結びついて発展し,経済理論においてもフリードマンとサベッジは,基数的効用に関する限界効用逓減(逓増)性が危険回避(愛好)を意味することを明らかにし,アローとプラットは基数的効用関数の性質に基づく危険回避度の定義に成功するなど,マーコビッツ以降の資産選択理論をはじめとして,不確実性下の選択および経済制度の一般均衡的分析において中心的な役割を果たすに至っている。…

【自己増殖機械】より

…原稿に相当する部分は増えるけれども機械そのものは増えない。ところが1948年ころ,数学者でありオートマトン理論の創始者の一人であるアメリカのJ.フォン・ノイマンが,生物以外に自己増殖する機械が構築可能であることを論理的に実証した。ここで論理的といったのは,実際に機械や電子回路など物理的手段でつくるのではなくて,理屈の上では可能という意味である。…

【情報科学】より

… 他方,1940年代から建設の始まったコンピューターは今日に至るまで驚異的な進歩を重ね続けている。J.フォン・ノイマンは現在ノイマン方式と呼ばれるプログラム内蔵方式のコンピューターの体系をいちはやく提案した。これはプログラムとデータとを初めにコンピューターに与えておき,あとはプログラムの指令に基づいてコンピューターが自動的に計算,制御,命令の変更などを逐次的に遂行する方式である。…

【モンテカルロ法】より

…名前はカジノで有名なモナコの都市モンテ・カルロに由来する。この方法が実用的な問題の解決に使われたのは,1940年代の中ごろ,フォン・ノイマンらによるのが最初で,命名も彼らによるとされている。本来は,確率的な変動要因を含まない問題を解くのに確率論的な手法(乱数)を使う方法に対して与えられた名称であるが,現在では乱数を使う方法の総称として使われることが多い。…

※「フォン・ノイマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フォン・ノイマンの関連キーワードモルゲンシュテルン(Oskar Morgenstern)ランダウ(Lev Davidovich Landau)ナッシュ(John Forbes Nash Jr.)フォン・ノイマン・アーキテクチャーコンピュータ・シミュレーションエレクトロニクス史(年表)ノイマン型コンピューターO. モルゲンシュテルンプリンストン高等研究所シュレーディンガーの猫コンピュータ史(年表)ゲームの理論と経済行動J.G. チャーニーダービン=ワトソン比ソロモン ボホナーサイバネティックスターンパイク定理ノイマン型計算機ノイマン・モデル資産選択の理論

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android