コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクラスズメ Arcte coerulea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フクラスズメ
Arcte coerulea

鱗翅目ヤガ科のガ。前翅長 33~39mm。体は太く,暗褐色の鱗粉におおわれる。前翅は暗褐色地に雲状の黒色斑があり,後翅黒褐色地に美しい灰青色紋がある。成虫は夕方群飛することがある。成虫で越冬し,低温でも活動することがある。幼虫はイラクサカラムシなどの葉を食べる。日本全土,台湾,朝鮮,アムール,中国,東南アジアからインドにかけて広く分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フクラスズメ

鱗翅(りんし)目ヤガ科のガの1種。日本全土,朝鮮,中国,台湾〜インドに分布。開張70mm内外,前翅は黒褐色で不規則な斑紋があり,後翅は黒色で青い帯紋がある。成虫は年1回8〜9月に出現,成虫で越冬する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フクラスズメ【Arcte coerulea】

鱗翅目ヤガ科の昆虫。大型のガで,開張約8cm。太い体軀(たいく)とその姿態からフクラスズメと呼ばれるが,スズメガ科ではない。前翅は黒褐色,後翅には青色の紋を有する。幼虫は黒色と黄色の鮮やかな縞模様で赤色を混じ長毛を生ずる。路傍のカラムシやヤブマオなどイラクサ科の植物につき,人目を引くが,有毒ではない。少なくとも年2回羽化し,成虫で越冬するため農家の納屋の屋根裏などに潜んでいることがある。インド,東南アジアなどに広く分布し,日本では本土の各地にふつうであるが,南西諸島には分布しないようである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フクラスズメ
ふくらすずめ / 脹雀蛾・脹天蛾
[学]Arcte coerulea

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤガ科に属するガ。体は太くて扁平(へんぺい)。はねの開張80ミリメートル内外の大形種。体とはねはともに褐色を帯びた黒色で、後翅には青色帯と同じ色の横脈紋があり、前翅に青色鱗を散布する。ほとんど日本全土のほか、隣接大陸、東南アジアからオーストラリアにかけて広く分布する。年2化で、成虫態で越冬する。晩秋になると、人家の戸袋や台所の隅の暗所で翌春まで潜んでいることがあるが、暖房で温度が上昇すると、部屋の中を活発に飛ぶ。幼虫はカラムシ、ヤブマオ、コウゾなどの葉を食べる。[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フクラスズメの関連キーワード井上

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android