フジキ(読み)ふじき

日本大百科全書(ニッポニカ)「フジキ」の解説

フジキ
ふじき / 藤木
[学] Cladrastis platycarpa Makino

マメ科(APG分類:マメ科)の落葉高木。葉は9~13枚の小葉からなる奇数羽状複葉。葉柄の基部には翌春伸びる芽が埋まっている。小葉は卵状長楕円(ちょうだえん)形、長さ5~10センチメートル。6~7月、枝先の円錐(えんすい)花序に、長さ約1.5センチメートルの白色の蝶形花(ちょうけいか)を多数つける。雄しべは10本で、離生する。豆果(とうか)は広線形、長さ5~8センチメートル、平たく、縁(へり)に翼がある。本州の福島県以西と四国の山地に生える。和名のフジキも別名ヤマエンジュも、葉がフジやエンジュに似ていることによる。本州(関東地方以西)、四国、九州のユクノキC. shikokiana (Makino) Makinoはフジキによく似るが、若枝や葉軸に赤褐色の縮れた軟毛があり、葉の裏面は粉白色で、豆果に翼がないことなどで区別できる。

[立石庸一 2019年11月20日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android