コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フナクイムシ Teredo navalis japonica; shipworm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フナクイムシ
Teredo navalis japonica; shipworm

軟体動物門二枚貝綱フナクイムシ科。体は白色,体長 30cmほどで細長く,その前端部分に長,殻高,殻幅とも 0.75cmほどの殻がある。左右の殻を合せると球形になる。殻は3部から成り,前部 (殻頭) は小さい三角形で,やすり状の彫刻がある。中央部 (殻体) は最も大きく,その前の部分にもやすり状の彫刻がある。後部 (殻翼) は後背方向にそり,体の筋肉が付着している。この殻を動かして海中木材穿孔する。体は穿孔した木材内にあり,穿孔口から2本の出・入水管を出す。水管を引込めると左右から石灰質尾栓が孔をふさぐ。雌雄異体であるが,性転換をする。卵生ベリジャーは海中に泳ぎ出るが,木質から出る液に吸引されてすぐ木材の表面につき,穿孔を始める。日本全土の内湾の,多少塩分度の低い海域に多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フナクイムシ

フナクイムシ科の二枚貝。殻は高さ,長さ,幅とも0.7cmほどで白色,殻の前半部にはやすり目状の肋があり,これを動かして木材を削り穴を掘る。軟体は白色で細長く30cm以上にもなり,セルロースを消化する酵素を分泌。尾栓(びせん)の間から水管を出す。雌雄異体であるが,性転換をする。サハリン〜九州,沿海州朝鮮半島,中国北部の沿岸に分布し,桟橋,木造船,貯木など海水中の木材に穿孔(せんこう)し,害を与える。ヤツフナクイムシは本種に似るが,尾栓の先端の半分は黒褐色キチン質の膜でおおわれる。日本全土に普通。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フナクイムシ
ふなくいむし / 船食虫
ship worm
[学]Teredo navalis

軟体動物門二枚貝綱フナクイムシ科の二枚貝。日本全土の沿岸に分布し、海中の木材に穿孔(せんこう)してその中にすむ。内湾の多少塩分の低い海域に多い。体は白色で虫状に細長く、前端に小さい2枚の殻があり、左右あわせると球形となる。殻長、殻高、殻幅ともに7.5センチメートルぐらいで、殻は前部、中央部、後部の3部からなる。前部は小さく三角形で、その上にやすり状になった多くの肋(ろく)があり、中央部は殻体で大きく、その前域はやすり状、後部は半月形の翼状部で後背に反る。内面は殻頂の下から棒状の突起が出る。殻の前部にあるやすり状の部分で木材を削って穿孔し、食い進んだ穴の内面を石灰で覆い、石灰質の管を形成する。軟体は30センチメートル以上に成長するが、穴の奥に体の前端があり、削り取った木質を栄養とする。体の後端の穴の入口は小さく、そこから2本の出・入水管を出すが、水管を引き入れるとき、石灰質の団扇(うちわ)形の尾栓で管の入口を閉じる。雌雄異体であるが、性転換もする。卵生で、孵化(ふか)したベリジャー幼生は木質から出る物質に引かれて木の表面に達し、すぐ穿孔する。筏(いかだ)、杭(くい)、木造船、貯木などに穿孔して害を与える。
 なお、フナクイムシの語はこの科を総称することもあるが、各種は、形態的には殻や尾栓の形がわずかに異なるほかは著しい差がない。ヤツフナクイムシLyrodus siamensisは、フナクイムシにもっとも似た普通種で、尾栓は黒褐色の皮をかぶっている。オオフナクイムシBankia bipalmulataは、尾栓がムギの穂形をしている。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フナクイムシの関連キーワードフナクイムシ(船喰虫)ビクトリーセルラーゼキクイガイ穿孔動物船底塗料雄性先熟たでる穿孔貝チーク生殖腺船食虫船虫船熮

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フナクイムシの関連情報