コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フナクイムシ フナクイムシ Teredo navalis japonica; shipworm

3件 の用語解説(フナクイムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フナクイムシ
フナクイムシ
Teredo navalis japonica; shipworm

軟体動物門二枚貝綱フナクイムシ科。体は白色,体長 30cmほどで細長く,その前端部分に殻長,殻高,殻幅とも 0.75cmほどの殻がある。左右の殻を合せると球形になる。殻は3部から成り,前部 (殻頭) は小さい三角形で,やすり状の彫刻がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フナクイムシ

フナクイムシ科の二枚貝。殻は高さ,長さ,幅とも0.7cmほどで白色,殻の前半部にはやすり目状の肋があり,これを動かして木材を削り穴を掘る。軟体は白色で細長く30cm以上にもなり,セルロースを消化する酵素を分泌。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フナクイムシ
ふなくいむし / 船食虫
ship worm
[学]Teredo navalis

軟体動物門二枚貝綱フナクイムシ科の二枚貝。日本全土の沿岸に分布し、海中の木材に穿孔(せんこう)してその中にすむ。内湾の多少塩分の低い海域に多い。体は白色で虫状に細長く、前端に小さい2枚の殻があり、左右あわせると球形となる。殻長、殻高、殻幅ともに7.5センチメートルぐらいで、殻は前部、中央部、後部の3部からなる。前部は小さく三角形で、その上にやすり状になった多くの肋(ろく)があり、中央部は殻体で大きく、その前域はやすり状、後部は半月形の翼状部で後背に反る。内面は殻頂の下から棒状の突起が出る。殻の前部にあるやすり状の部分で木材を削って穿孔し、食い進んだ穴の内面を石灰で覆い、石灰質の管を形成する。軟体は30センチメートル以上に成長するが、穴の奥に体の前端があり、削り取った木質を栄養とする。体の後端の穴の入口は小さく、そこから2本の出・入水管を出すが、水管を引き入れるとき、石灰質の団扇(うちわ)形の尾栓で管の入口を閉じる。雌雄異体であるが、性転換もする。卵生で、孵化(ふか)したベリジャー幼生は木質から出る物質に引かれて木の表面に達し、すぐ穿孔する。筏(いかだ)、杭(くい)、木造船、貯木などに穿孔して害を与える。
 なお、フナクイムシの語はこの科を総称することもあるが、各種は、形態的には殻や尾栓の形がわずかに異なるほかは著しい差がない。ヤツフナクイムシLyrodus siamensisは、フナクイムシにもっとも似た普通種で、尾栓は黒褐色の皮をかぶっている。オオフナクイムシBankia bipalmulataは、尾栓がムギの穂形をしている。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フナクイムシの関連キーワード多板類軟体動物二枚貝類二枚貝船食虫木食虫軟体類フナクイムシ(船喰虫)二枚貝綱ヤツフナクイムシ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フナクイムシの関連情報