コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フナバラソウ(舟腹草) フナバラソウCynanchum atratum; dogbane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フナバラソウ(舟腹草)
フナバラソウ
Cynanchum atratum; dogbane

ガガイモ科の多年草。東アジアの温帯に広く分布し,日本全域の山野草地に生える。は直立し,高さ 40~80cmぐらいになる。全体に白色の軟毛をつけ,葉の下面や茎の上部には特に密生する。葉は対生し短い柄があり,長さ6~10cmの楕円形である。5~6月に,茎の上方葉腋に濃紫色の星形小花が束になってつく。花冠外面にのみ短い毛をまばらにつける。種子には白く細長い毛が多数あり風で飛び散る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フナバラソウ(舟腹草)の関連キーワードガガイモ科

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android