コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラムスティード Flamsteed, John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フラムスティード
Flamsteed, John

[生]1646.8.19. デンビ
[没]1719.12.31. ロンドン
イギリスの天文学者。ケンブリッジ大学卒業。グリニッジ天文台初代台長 (1675) 。ロイヤル・ソサエティ会員 (77) 。経済的悪条件のなかで天文台の設備拡充に尽力。観測活動を続けるかたわらグレシャム・カレッジで天文学を講じた。彼の観測結果は当時の最高水準をいくもので,ニュートンの理論的研究にも幾多の貴重なデータを与えた。厳密を重んじ自分の観測結果がニュートン,ハレーらの運動で強引に出版されたとき (1712) ,その4分の3を回収して処分したことは有名。 3000に上る恒星の星表を含む彼自身の認定版"Historia coelestis Britannica"は死後刊行された (25) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フラムスティード

英国の天文学者。グリニッジ天文台創設に尽力し,1675年初代台長。観測の結果は精密な星表(1712年―1725年)と星図(1729年)として出版された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フラムスティード【John Flamsteed】

1646‐1719
イギリスの天文学者。富裕な商人の息子としてダービーに生まれた。14歳のとき重いリウマチにかかり,上級学校への進学を断念,独立で天文学の勉強を進め,王室天文官に指名されて1675年新設のグリニジ天文台長となる。月運動論,太陽運動論,恒星の《イギリスカタログ》,経緯度の測定など,綿密正確な観測に基づく仕事を重ねた。それらの結果の一部はニュートンの《プリンキピア》にも利用されている。天文台長として,できる限り正確な観測データの収集に固執するフラムスティードの態度は,天文台長を単なる観測サービス役とみるI.ニュートンやE.ハリーの立場と相いれず,フラムスティードの観測結果(彼自身としては満足できない)をローヤル・ソサエティから公表しようとする2人との間にきびしい角逐が生じた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フラムスティード【John Flamsteed】

1646~1719) イギリスの天文学者。グリニッジ天文台の創設に尽力し初代台長となる。主著「大英恒星目録」「天球図譜」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フラムスティード
ふらむすてぃーど
John Flamsteed
(1646―1719)

イギリスの天文学者。グリニジ天文台の創設者。ダービー近郊のデンビーの麦商の家に生まれ、16歳でリウマチにかかり学校を中退、7年間もっぱら天文学を熱心に独学した。1670年星食(掩蔽(えんぺい))に関する予報計算が認められて、王立協会会員に加えられたうえ、ケンブリッジ大学に書類入学を許された。在学中、1672年金星の太陽面通過の観測により太陽視差(地球の平均距離)の決定を試みた。当時、国益に促されての海外進出に必要な天文航法のために月の運行表や潮汐(ちょうせき)表の整備が必要となった。これをチャールズ2世に建議して、1675年に王立天文台の建設が着工された。観測開始は1689年となったが、器械の工作・設置には私財を投じて、完成と同時に初代台長に就任した。天文台設立の成果は『大英恒星目録』と『天球図譜』の刊行となり、ニュートンやハリーの理論計算に基本資料として重用された。[島村福太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フラムスティードの関連キーワードハーシェル(Caroline Lucretia Herschel(1750―1848))天文学史(年表)サンソン図法8月19日恒星目録干潟星雲レーマーグレー地図主著