フランシス(読み)ふらんしす(英語表記)James Bicheno Francis

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランシス(James Bicheno Francis)
ふらんしす
James Bicheno Francis
(1815―1892)

イギリス生まれのアメリカの水力技術者。オックスフォードシャー、サウスレイに生まれ、工事請負人の父親の助手として、14歳から運河や港の築造に携わった。1833年アメリカに渡り、綿業の主要な動力源になったローウェル運河閘門(こうもん)の事業主ホイッスラーG. W. Whistler(1800―1849)のもとで製図工として働いた。最初の仕事はボストン・ローウェル鉄道のエンジン設計であった。1837年ホイッスラーの後任になると、水力装置の製造に乗り出し、ハウドSamuel B. Howdの特許をもとに内向き輻流(ふくりゅう)タービンの実験を開始。1851年フランシス型反動タービンを完成。1855年に出版した羽根車や吸出管の設計に関する実際的データは、長い間タービン設計の指針とされた。[高橋智子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フランシスの関連情報