コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランシスコ会 フランシスコかい

3件 の用語解説(フランシスコ会の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

フランシスコ会【フランシスコかい】

アッシジのフランチェスコを中心に発足(1209年ころ)した托鉢(たくはつ)修道会。正称〈小さき兄弟たちの修道会Ordo Fratrum Minorum〉,英語ではFranciscan Order.1223年教皇ホノリウス3世が財産の私有などを禁じた会則を認可した。
→関連項目アウグスティヌスサンタ・クローチェ教会修道会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フランシスコかい【フランシスコ会 Franciscan Order】

托鉢修道会の一つで,正称は〈小さき兄弟たちの修道会Ordo Fratrum Minorum〉。広義には分裂後独立したコンベントゥアル会カプチン会をもふくむ。アッシジフランチェスコの福音遵奉精神にひかれて1209年ころアッシジ近傍のポルティウンクラに集まった11人の有志によって発足した。清貧と謙遜の心得を説いた簡潔な〈原初会則〉があったと推測されるが,原文は散逸して伝わらない。10年,彼らの理想と誠実な説教活動を高く評価した教皇インノケンティウス3世により口頭の認可をうけて修道生活を開始したが,フランチェスコには修道会創設の意志はなかったといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランシスコ会
ふらんしすこかい
Ordo Fratrum Minorumラテン語
Order of Friars Minor英語

1209年、アッシジのフランチェスコによって創立された修道会。正式の名称は「小さき兄弟会」。当初はフランチェスコのもとに集まった11人の同志によって発足したが、この会の基本理念は、貧しいキリストの生涯を手本に、その福音(ふくいん)を使徒と同様に忠実に生き、ローマ教皇に従順を誓って、人々に神への回心を説くことにある。とくに貧しいキリストの生き方に倣って、会として個人としていっさいの所有権を放棄し、極貧のうちに手仕事で生計をたて、足りないところを人々の施与に頼ったところから、「托鉢(たくはつ)修道会」ともよばれる。粗衣に甘んじ、金銭を受け取らず、市井に小さな修道院を構え、諸国を行脚(あんぎゃ)しながら福音を伝えた。また、非キリスト教徒への伝道にも力を注いだ。
 フランチェスコの死後、会員数は1世紀間に3万を超えた。13世紀なかばに司祭修道会としての性格を強く打ち出すと同時に、学問の分野でもボローニャでパドバのアントニオ、パリでボナベントゥラの学者を輩出、オックスフォードではロバート・グロステートやロジャー・ベーコン、ドゥンス・スコトゥス、ウィリアム・オッカムなどが出て、イギリス経験主義哲学の基礎を築いた。その後、会自体の刷新を図って多数の改革派が誕生したが、これらは「小さき兄弟会」「同コンベンツァル会」「同カプチン会」の三派に大別される。宗教改革時にも5万余の会員を数え、18世紀なかばには13万を超えた。1593年(文禄2)にはペドロ・バプチスタがわが国にも来朝、17世紀なかばまでに六十余名が伝道に従事し、そのほぼ半数が殉教(じゅんきょう)した。
 1986年現在の会員数は、第一会の場合、「小さき兄弟会」が2万0094、「同コンベンツァル会」が4091、「同カプチン会」が1万1879を数え、第二会の「クララ会」が1万6780、第三会の「律修会」は約1000、「同修道女会」は17万7000、「在世会」は220万となっている。なお日本でも、第一会が三派合同して約300人が活動している。[石井健吾]
『石井健吾著『フランシスカニズムの系譜』(1979・中央出版社・フランシスコ会叢書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフランシスコ会の言及

【アッシジ】より

…古代ローマ時代の繁栄は,ミネルバ神殿,円形劇場,フォルムなどの遺跡にしのばれる。しかし,町が知られるのは,フランチェスコがここで生まれ,彼とフランシスコ会ゆかりの聖所が町や近郊に残されているためで,イタリアの主要な巡礼地である。聖人の遺体を安置したサン・フランチェスコ修道院教会(1228‐53)は,上下2堂からなる独特の重層形式による,イタリア初期ゴシック様式を示す。…

【質屋】より

…しかし,この種の庶民金融は一般に短命で,いずれもたちまち破産した。これよりは,イタリアでフランシスコ会系の修道院が始めたモンテス・ピエタティスmontes(mons) pietatis(〈聖なる資金〉の意)のほうが,後世への影響が大きかった。喜捨や遺贈による資金をもとに無利子で,担保を取って少額の融資を行ったもので,15世紀後半から16世紀にかけて,イタリアや南ヨーロッパ一帯にひろく広がった。…

【修道院】より

…労働時間は1日6~8時間で農耕,植物栽培のような戸外作業だけでなく,製粉,パン焼き,台所作業,筆耕,掃除,病人看護などもあった。
[シトー会とフランシスコ会による革新]
 〈ベネディクトゥス会則〉はカロリング時代には広く普及したが,当時の修道院は西欧最初の文化創造運動であるカロリング・ルネサンスにも促進的役割を果たした。9世紀から10世紀にノルマン人(バイキング),マジャール人,イスラム教徒の攻撃で荒廃した修道院は,クリュニー修道院やロートリンゲン地方の修道院改革によって再び活性化し,11世紀後半のグレゴリウス改革にも貢献したが,12世紀以降は修道形態そのものを革新する。…

【托鉢修道会】より

…13世紀初めの西ヨーロッパで革新的なキリスト教信仰生活をめざした新形式の修道会の総称。フランシスコ会ドミニコ会カルメル会アウグスティヌス会などがこれに属する。これらの修道会は,中世初期以来のベネディクト会系の修道院が民衆から隔絶した場所に定住し,しかも有力信者からの寄進を受けて富裕化,世俗化したのに対して,その生活方式を根本的に異にし,個人・共同体ともに財産を所有せず信徒からの喜捨にたよる〈清貧〉の精神を重視した。…

【ラテン・アメリカ】より

…初期の熱っぽい宣教への意欲はその対象を失って後退し,代わって都市部を中心に司教または大司教を長とした教会の組織化が進んだ。この推移の中で初期宣教の主役を担ったフランシスコ会やドミニコ会などの修道士に代わって,司教以下の教区付聖職者がインディアス教会の主導権を握った。この間,両者は司牧権の移行をめぐって激しく対立したが,独立性の強い修道会を敬遠する王権が人事権をはじめ統轄のより容易な教区付聖職者に荷担したために,抗争の勝敗はおのずから明らかであった。…

※「フランシスコ会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フランシスコ会の関連キーワード騎士修道会修道院修道会托鉢修道会ドミニコ会トラピストフランチェスコフランチェスコ修道会ベネディクト修道会クルク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フランシスコ会の関連情報