コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランス銀行 フランスぎんこう Banque de France(仏)

6件 の用語解説(フランス銀行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランス銀行
フランスぎんこう
Banque de France(仏)

フランスの中央銀行。 1800年,ナポレオン治世下に民間銀行として創設され,06年に公的な銀行となった。一貫して慎重な経済政策をとっていたが,EC市場統合に当たっては,積極的に統合を推進する方向に転換している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フランス‐ぎんこう〔‐ギンカウ〕【フランス銀行】

1800年設立のフランス中央銀行。1946年に国有化。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フランス銀行【フランスぎんこう】

フランスの中央銀行。Banque de France。1800年ナポレオンが純民間の割引銀行として創設。1803年パリの発券銀行となり,1806年総裁,副総裁は政府任命制,1848年二月革命後に中央発券銀行となり,1936年人民戦線政府の下で政府の監督が強化され,1946年国有化。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フランスぎんこう【フランス銀行 Banque de France】

フランスの中央銀行。1800年,ナポレオン1世の庇護下に,新興商工業者にたいする商業信用の供与を目的として,パリに創設された。民間の株式銀行として出発したが,06年から政府任命の総裁・副総裁制が導入され,公的な性格を濃厚に帯びるにいたった。当初はパリ以外に店舗を(一時期を除いて)開かず,また発券特権もパリ地域に限定されていた。しかし48年,恐慌で地方発券銀行が経営危機に陥ったのを機会に,それらの地方銀行を吸収して自己の地方支店にするとともに,発券特権をフランス全土に拡大することを許された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フランスぎんこう【フランス銀行】

フランスの中央銀行。1800年に株式組織の民間銀行として設立され、1945年に国有化された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランス銀行
ふらんすぎんこう
Banque de Franceフランス語

フランスの中央銀行。1800年2月13日、共和国第一統領ナポレオンの指示によりパリに創設された。無期限の存続特許をもち、資本金3000万フラン、株式3万株からなる株式組織の民間銀行であったが、1806年には総裁と副総裁が大蔵大臣による任命制となり、公的な性格が強くなった。1803年に銀行券発行の独占権を得たが、発行独占がパリからフランス全土に及ぶのは、1848年の二月革命後、九つの地方発券銀行を吸収合併して地方支店としてからである。その後支店網の拡充を図り、19世紀末までには中央銀行としての組織を整えるに至った。フランス銀行発券制度は、当初は最高発行額制限制度をとっていたが、1928年6月の貨幣法制定により比例準備制度となった。1930年代の大不況期には、金ブロックの中心として最後まで金本位制度維持に努めた。
 第二次世界大戦後、1945年12月に制定された銀行法に基づいてフランス銀行は国有化され、株式は政府所有となった。理事会は、総裁と2名の副総裁、12名の理事で構成されている。フランス銀行は、銀行券の発行のほか、国庫の出納事務や国債事務を取り扱うとともに、政府に対する貸付を行う。また、手形の再割引や貸付を通じて民間にも資金を供与し、その際の公定歩合の変更や、公開市場操作などによって金融政策を遂行している。
 一般に、1999年にヨーロッパ単一通貨ユーロが誕生して以来、ユーロ圏における中央銀行の機能や業務はヨーロッパ中央銀行(ECB:European Central Bank)が一元的に行っていると考えられがちであるが、実際にはそうではない。ECBのみならず、加盟各国の中央銀行をあわせた集合体として構成されるヨーロッパ中央銀行制度(ESCB:European System of Central Banks)が、組織としてユーロ圏における中央銀行制度をなしているのであり、ECBと各国中央銀行の間に組織的な上下関係、ないしは主従関係は認められない。つまり、ESCBを通じて単一の金融政策として行われ、各国中央銀行は、定められた金融政策方針に従って、各国内で金融政策を実施することを任務とすることになっている。したがって、フランスにおける金融政策の実施はフランス銀行が現在も引き続いて行っている。[土方 保・前田拓生]
『H・ジェルマン・マルタン著、塩野谷九十九・大月高訳『フランス』(B・H・ベックハルト編『各国銀行制度概説 上巻』所収・1956・中部経済新聞社) ▽町田義一郎著『フランスの金融制度』(高垣寅次郎監修『世界各国の金融制度 第1巻』所収・1964・大蔵財務協会) ▽河村小百合「欧州債務問題長期化のからくり――欧州中央銀行制度による「隠れた救済メカニズム」と急膨張する各国の負担」(『JRIレビュー 2012』Vol.1, No.1所収・2012・日本総研) ▽Gabriel RamonHistoire de la Banque de France d'Aprs les Sources originales (1929, Bernard Grasset, Paris)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランス銀行の関連キーワードナポレオン岩ナポレオン法典ルイナポレオンナポレオンフィッシュナポレオン狂島のナポレオンナポレオン[1世]ライヒスバンク欧州中央銀行(ECB)ナポレオン金貨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フランス銀行の関連情報