コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランドル戦争 フランドルせんそう Guerre de Flandre

4件 の用語解説(フランドル戦争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランドル戦争
フランドルせんそう
Guerre de Flandre

帰属戦争 Guerre de Dévolutionとも呼ばれる。 1667~68年のフランススペイン間の戦争。スペイン王フェリペ4世の死を機に,その王女マリ・テレーズを妃とするルイ 14世フランドル,ブラバントなどのスペイン領土に対する王妃の遺産帰属権を主張し同地方に侵攻。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フランドル戦争【フランドルせんそう】

1667年フランス国王ルイ14世がフランドル(スペイン領南ネーデルラント)に対する王妃マリーテレーズの相続権を主張して起こした戦争。この後,ルイ14世は一連の対外侵略戦争を起こすことになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フランドルせんそう【フランドル戦争】

フランスのルイ14世が1667‐68年,領有権を主張してスペイン領南ネーデルラント(フランドル。現在のベルギーおよび北フランスの一部)を侵略した戦争。〈遺産帰属戦争(相続戦争)guerre de Dévolution〉ともいう。 フランスはかねてよりライン川〈自然国境〉説を唱え,ライン以南の地域の併合をねらっていたが,1665年9月スペイン国王フェリペ4世(ルイ14世の義父)が没するとルイは南ネーデルラントの古い慣習法を口実にしてその地域がルイの王妃マリー・テレーズに帰属することを主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランドル戦争
ふらんどるせんそう

フランス王ルイ14世のスペイン領フランドル・ブラバン地方への侵略戦争(1667~68)。1665年、スペイン王フェリペ4世が死去すると、ルイ14世はその王女であったマリア・テレサ妃の遺産相続権、「王妃の権利」を主張し、フランドル・ブラバンの譲渡を求めた。そのため「帰属戦争」guerre de Dvolutionともよぶ。67年5月、チュレンヌ指揮のフランス軍はフランドルに侵攻した。これに対しオランダとイギリス、スウェーデンは三国同盟を結成してフランスに圧力を加え、戦いは68年5月、アーヘン(フランス名エクス・ラ・シャペル)の和約を結んで終わった。フランスはリール市その他を獲得した。[千葉治男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランドル戦争の関連キーワードコレージュドフランスノルマンディー公国フランスソワールブルボン王朝マンデスフランスフランス通りシランクスルイーズノルマン種 (Norman )ペキネ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone