コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリョーディング フリョーディングFröding, Gustaf

3件 の用語解説(フリョーディングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリョーディング
フリョーディング
Fröding, Gustaf

[生]1860.8.22. ベルムランド,アルステル
[没]1911.2.8. ストックホルム
スウェーデンの詩人。スウェーデンで最も愛されている詩人で,郷土の自然と農民生活を深い愛情をこめて,笑いと涙で描いた。ウプサラ大学中退後,郷里のカルルスタード新聞記者をつとめるうち精神病が高じて,治療のためにドイツゲルリッツの療養所に入った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フリョーディング

スウェーデンの詩人。精神病に悩みながら世を去った。ユーモラス郷土色豊かな作品もあるが,暗い思索的な詩が多い。詩集《ギター手風琴》《新詩集》《聖杯の雫(しずく)》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリョーディング
ふりょーでぃんぐ
Gustaf Frding
(1860―1911)

スウェーデンの詩人。ウプサラ大学卒業後、一時郷里ベルムランドで新聞記者を勤めるが、遺伝の精神病のため療養生活に入り、病院で生涯を終える。療養中に出版した『ギターと手風琴』(1891)が世評を得、以後『新詩集』(1894)、『聖杯の雫(しずく)』(1898)、死後出版に『病癒(い)えて』(1913)がある。彼は郷土詩人の一面をもち、自らの人間的弱点をさらけ出して人生との和解を求める優しい感情の表現が人をひきつける。あらわではないが、社会的不正への怒りを歌った詩もある。今日でも人々から愛されている民衆詩人の1人。[田中三千夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フリョーディングの関連キーワード万延マイブリッジ有村次左衛門小野善右衛門佐久良東雄堀利煕森石松石英粗面岩井伊直弼李朝

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone