コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリョーディング フリョーディング Fröding, Gustaf

3件 の用語解説(フリョーディングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリョーディング
フリョーディング
Fröding, Gustaf

[生]1860.8.22. ベルムランド,アルステル
[没]1911.2.8. ストックホルム
スウェーデンの詩人。スウェーデンで最も愛されている詩人で,郷土の自然と農民生活を深い愛情をこめて,笑いと涙で描いた。ウプサラ大学中退後,郷里のカルルスタード新聞記者をつとめるうち精神病が高じて,治療のためにドイツゲルリッツの療養所に入った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フリョーディング

スウェーデンの詩人。精神病に悩みながら世を去った。ユーモラス郷土色豊かな作品もあるが,暗い思索的な詩が多い。詩集《ギター手風琴》《新詩集》《聖杯の雫(しずく)》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリョーディング
ふりょーでぃんぐ
Gustaf Frding
(1860―1911)

スウェーデンの詩人。ウプサラ大学卒業後、一時郷里ベルムランドで新聞記者を勤めるが、遺伝の精神病のため療養生活に入り、病院で生涯を終える。療養中に出版した『ギターと手風琴』(1891)が世評を得、以後『新詩集』(1894)、『聖杯の雫(しずく)』(1898)、死後出版に『病癒(い)えて』(1913)がある。彼は郷土詩人の一面をもち、自らの人間的弱点をさらけ出して人生との和解を求める優しい感情の表現が人をひきつける。あらわではないが、社会的不正への怒りを歌った詩もある。今日でも人々から愛されている民衆詩人の1人。[田中三千夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フリョーディングの関連キーワードグレアムランドフィルムライブラリーホームランドボルムラシェイミ(ランドフォルム)デルムンドランドロスランドロス(けしんフォルム)ランドロス(れいじゅうフォルム)ベルムド岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone