フローベルガー(英語表記)Froberger, Johann Jakob

  • 1616―1667
  • Johann Jacob Froberger
  • Johann Jakob Froberger

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1616.5.18. シュツットガルト
[没]1667.5.7. エリクール
ドイツのオルガン奏者,作曲家。 1637年にウィーンの宮廷オルガン奏者に就任したが,同年ローマに留学し G.フレスコバルディに学んだ。 41~45年と 53~57年に再びウィーンに戻り,オルガン奏者をつとめ,62年にロンドンをはじめヨーロッパ各地を旅行,晩年はエリクールのウュルテンベルクの大公妃シビラに仕えた。作品にはトッカータファンタジアカンツォーナ,カプリッチョ,リチェルカーレ組曲などの鍵盤楽曲多数がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1616‐67
ドイツの作曲家,オルガン奏者,ハープシコード奏者。シュトゥットガルトの音楽一家に生まれ,1637年ウィーンの宮廷オルガン奏者となる。しかし,2度のイタリア留学やパリ訪問(1652)など,生涯の大半は旅に費やされた。ウィーンの皇帝に献呈された美しい自筆譜3巻は,ローマで師事したフレスコバルディやパリの友人たちから受け継いだ要素と,ドイツ特有の要素を結びつけた様式を示す点で,ドイツ鍵盤音楽史に重要な位置を占める。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツの作曲家、オルガン奏者、鍵盤(けんばん)楽器奏者。洗礼日は5月19日。シュトゥットガルトの宮廷楽長バジリウス・フローベルガー(1575―1637)の息子として恵まれた音楽教育を受けたのち、1634年ごろウィーンに出、37年には宮廷オルガン奏者となるが、ローマに留学し、40/41年ごろまでフレスコバルディの薫陶を受ける。41~45年、53~57年ウィーンの宮廷オルガン奏者を務めるが、パリ、ロンドン、ブリュッセル、ドイツ各地を旅行したのち、ウュルテンベルク・モンペリアル公女ジビッラの「誠実で熱心な教師」として、67年5月6/7日、バーゼル近郊エリクール(現在はフランス領)で世を去っている。トッカータ、リチェルカーレ、ファンタジア、カンツォーナ、カプリッチオ、組曲などからなる彼の鍵盤曲は、ヨーロッパ各地に旅した経験に根ざしたイタリア様式とフランス様式の混合によって、バッハに至るドイツ鍵盤音楽の方向を決定した。

[樋口隆一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフローベルガーの言及

【サラバンド】より

…性格も地域や時代によりさまざまであるが,主として緩やかな3/4拍子または3/2拍子の荘重な趣をもち,弱起を用いないのが通例で,第2拍に長い音符をおき,アクセントがつけられる。フローベルガーがバロック舞踊組曲に導入して以来,一般にクーラントとジーグの間におかれて組曲中の花形舞曲となった。18世紀後半に音楽の時代様式の交替とともに廃れたが,19世紀末から20世紀初頭にかけて器楽曲に復活し,ドビュッシーの組曲《ピアノのために》(1901)の第2曲,サティの《三つのサラバンド》(1887),A.ルーセルの《ヘ調の組曲》(1926)などが有名である。…

※「フローベルガー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android