コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブタクサ

百科事典マイペディアの解説

ブタクサ

キク科の一年草。北米原産の帰化植物で各地の路傍などにはえる。茎は高さ30〜100cm。葉は2〜3回羽状に裂ける。雌雄同株。8〜9月,小さな黄色の頭花を開く。雄花は茎頂に長い穂状につき,雌花は雄花穂の下部に腋生するが少数で目立たない。
→関連項目帰化植物クワモドキ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブタクサ【bitterweed】

北アメリカ原産のキク科の一年草(イラスト)。草は高さ1.5mに達する。葉は茎の下部では対生し,上部では互生する。葉身は薄くてやわらかく,細かく2~3回分裂する。花期は7~10月。花は単性の頭花で,雌雄同株。雄頭花は枝の先に細長い総状につき,径3~4mm。風媒花である。総苞片は合生し,中に12~16個の筒状花がある。一般にキク科植物ではが互いにくっついているが,本種の葯はほとんど離れている。雌頭花は雄花序の下の葉腋(ようえき)に2~3個つく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブタクサ
ぶたくさ / 豚草
[学]Ambrosia artemisiifolia L. var. elatior (L.) Desc.

キク科の一年草。茎は直立し、高さ0.5~1.5メートル。葉は茎の下部では対生し、上部では互生する。葉身は2、3回羽裂し、裂片は線形、質は薄くて柔らかい。雌雄同株。7~10月、雄性頭花は枝先に長い穂状につき、雌性頭花はその下部の葉腋(ようえき)に2、3個つく。花期に球形の花粉を多量に風によって飛ばすが、これはアレルギー性の鼻炎、結膜炎、気管支喘息(ぜんそく)など、花粉症の原因となる。北アメリカ原産の帰化植物で、明治初期に渡来し、各都市の荒れ地などにはびこっている。名は、英語の通称名hogweedの訳からついた。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブタクサの関連キーワード鼻過敏症(アレルギー性鼻炎/血管運動性鼻炎)アレルギー性結膜炎(アレルギー性鼻結膜炎)オオブタクサ(大豚草)口腔アレルギー症候群セイタカアワダチソウ花粉食物アレルギー季節性アレルギーアレルギー性鼻炎オオブタクサアレルゲン外来生物帰化生物花粉情報石坂公成秋花粉症花粉症季節病大豚草雑草遷移

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブタクサの関連情報