ブタクサ(読み)ぶたくさ

日本大百科全書(ニッポニカ)「ブタクサ」の解説

ブタクサ
ぶたくさ / 豚草
[学] Ambrosia artemisiifolia L. var. elatior (L.) Desc.

キク科(APG分類:キク科)の一年草。茎は直立し、高さ0.5~1.5メートル。葉は茎の下部では対生し、上部では生する。葉身は2、3回羽裂し、裂片は線形、質は薄くて柔らかい。雌雄同株。7~10月、雄性頭花は枝先に長い穂状につき、雌性頭花はその下部の葉腋(ようえき)に2、3個つく。花期に球形の花粉を多量に風によって飛ばすが、これはアレルギー性の鼻炎、結膜炎、気管支喘息(ぜんそく)など、花粉症の原因となる。北アメリカ原産の帰化植物で、明治初期に渡来し、全国の空き地や河川敷などに生えている。名は、英語の通称名hogweedの訳からついた。

[小山博滋 2022年4月19日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ブタクサ」の解説

ブタクサ

キク科の一年草。北米原産の帰化植物で各地の路傍などにはえる。茎は高さ30〜100cm。葉は2〜3回羽状に裂ける。雌雄同株。8〜9月,小さな黄色の頭花を開く。雄花は茎頂に長い穂状につき,雌花は雄花穂の下部に腋生するが少数で目立たない。果実には毛がない。第2次大戦後急速に分布を拡大した。風媒花で,開花期に花粉症の被害を起こす。近縁種により大型のオオブタクサクワモドキとも)があり,同じく北米原産。各地の河原などにときに大群落をつくる。
→関連項目帰化植物クワモドキ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「ブタクサ」の解説

ブタクサ【bitterweed】

北アメリカ原産のキク科の一年草(イラスト)。草は高さ1.5mに達する。葉は茎の下部では対生し,上部では互生する。葉身は薄くてやわらかく,細かく2~3回分裂する。花期は7~10月。花は単性の頭花で,雌雄同株。雄頭花は枝の先に細長い総状につき,径3~4mm。風媒花である。総苞片は合生し,中に12~16個の筒状花がある。一般にキク科植物ではが互いにくっついているが,本種の葯はほとんど離れている。雌頭花は雄花序の下の葉腋(ようえき)に2~3個つく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android