コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブッククラブ book club

翻訳|book club

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブッククラブ
book club

「良書」を選定,製作して会員に定価より安い値段で郵送配本する組織。 1926年アメリカで BOMC (book of the month club)が設立されたのが最初。大部分が,自社の手で印刷,製作,配布を行い,出版界に大きな影響を及ぼしている。アメリカでは国土が広いわりに書店の数が少いという事情から,多くのクラブが設立され,なかには数十万,またそれ以上の会員を擁する大組織もある。西ヨーロッパでも盛んであるが,日本では 69年に「全日本ブッククラブ」が設立されたが,まもなく解散。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブッククラブ【book club】

定期的に書籍を頒布し優良図書の普及をはかる会員制組織。一般にはブッククラブが,選定した書物の原出版社から許可を得て廉価なブッククラブ版book club editionを作り,会員に配布するシステムを取るが,原出版社の大量在庫を安く買い取ったり,あるいはブッククラブ版の刊行を同時に原出版社に依頼する場合もある。この方式は,会員さえ集まれば安定した需要が望めることなど,ブッククラブ側にも経営面の魅力がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

ブッククラブ

あらかじめ登録している会員に郵便で図書を頒布する組織.会員は,クラブが選定した図書の中から選択し,注文する.毎年最低何冊かを購入することが義務付けられていることが多い.価格は,一般に店頭で購入するよりも安い.また,「ブッククラブ版」という特別な製本がなされる場合もある.米国を中心として発達した.最近では各ブッククラブのウェブサイトから,図書の選択と注文を行う場合が多い.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

ブッククラブの関連キーワードストレーチー(Evelyn John St. Loe Strachey)メンバー・ゲット・ア・メンバーオプラ ウィンフリーE.R. フランクペーパーバックブック・クラブ松尾 弥太郎会費制図書館オーウェル北島 織衛キャンビー人民戦線労働党ラスキ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブッククラブの関連情報