コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブック・クラブ book club

翻訳|book club

2件 の用語解説(ブック・クラブの意味・用語解説を検索)

DBM用語辞典の解説

ブック・クラブ【book club】

消費者が本を、通常値引き価格で購読するように仕向けるダイレクトメールブックマーケティング企画。ネガティブオプションブック・クラブの場合は、会員が断らない限り一連の手順に従って定期的に本が郵送される。ポジティブ・オプション・ブック・クラブの場合は、本を郵送するには買い手の承認を必要とする。ほとんどのブック・クラブは最小購買の条件が付加されいる(通常明記された期間枠での購買)。ブック・クラブの起源は、本屋が大変少なく、地方では通信販売でしか本の購読が出来なかった時代にさかのぼる。現在のブック・クラブは、料理・ビジネス・科学あるいは他の特殊な関心事の本や雑誌に向けれている。ブック・クラブは出版社にロイヤリティを支払い、各本の紹介用印刷物は自身で作成し、販売しなければならない。出版社はブック・クラブを収入源とみなしておらず、広告宣伝と考えている。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブック・クラブ
ぶっくくらぶ
book club

会員制のもとで書籍を市価より安く(通常20~25%引き)通信販売する組織。1919年ドイツ古典文学の復刻版の配布を意図して発足した「本の友の会」Volksverband der Bcherfreundeが、ブック・クラブの起源とされている。しかし、大衆向けの大規模なブック・クラブの草分けは、1926年にアメリカで誕生したブック・オブ・ザ・マンス・クラブBook-of-the-Month Club(BOMC)である。少ない書店数や比較的安い書籍郵送料などによって、同クラブに続いて数多くのブック・クラブがアメリカで生まれ、80年代の初め、その数は200余りに達した。1990年代以降、アメリカでは超大型書店が台頭し、90年代なかばにはインターネットを利用して書籍販売を手がけるオンライン書店(ウェブ書店)が出現した。両者はともに表示価格(リストプライスlist price)の20~40%引きという新刊書の割引き販売を実施し、「低廉価格での書籍提供」を売りものとする既存のブック・クラブ経営に打撃を与える結果となった。ブック・クラブ側では、対策として、ウェブサイトを立ち上げて新会員を募集し、ブック・クラブの宣伝・販売促進活動を積極的に展開するに至った。その企業努力が結実して、アメリカのブック・クラブ全体の1999年の年間売上高は前年比3.7%増の12億5000万ドル、売上げ冊数は1億4000万冊を記録した。
 ドイツ、イギリス、フランス、および北欧3か国においてもブック・クラブが存在しているが、BOMCとともに世界的な二大ブック・クラブの一つであった、ダブルデイ・ダイレクトDoubleday Directは、ドイツの大手出版コングロマリット企業ベルテルスマンBertelsmannの傘下に属し、リテラリー・ギルドThe Literary Guildをはじめとする30余りのブック・クラブを擁し、会員数480万人、年間推定売上高は2億8000万ドル(1998)に及んだ。一方のBOMCは、アメリカの出版メディア企業タイムTime Inc.の傘下に属し、クラブ数9、会員数450万人、年間推定売上高は同じく2億8000万ドル(1998)であったが、これら両クラブは経営安定化を意図して、2000年なかばに合併し、ブックスパンBookspanが誕生した。
 日本においては、書店数が多い、新刊書の割引販売が禁じられている、などの事情によって西欧方式のブック・クラブは存在していない。1969年(昭和44)に、潜在読者の開発、埋もれた良書の発掘を目的として、出版界の共同出資で「全日本ブッククラブ」が設立されたが、十分な会員数を獲得できないまま73年に解散した。[金平聖之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブック・クラブの関連キーワードプル戦略品質の手がかりとしての価格クリアランスコンシューマリズム消費者米価買回り品値引き消費者価格消費者物価指数(CPI:consumer price index)南北問題とフェアトレード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブック・クラブの関連情報