コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブライティンガー ブライティンガー Breitinger, Johann Jakob

3件 の用語解説(ブライティンガーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブライティンガー
ブライティンガー
Breitinger, Johann Jakob

[生]1701.3.1. チューリヒ
[没]1776.12.13. チューリヒ
スイスの批評家。チューリヒのギムナジウムヘブライ語教授。『批判的作詩法』 Critische Dichtkunst (1740) で文芸における想像力と不可思議性を強調し,ゴットシェートと論争した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ブライティンガー【Johann Jakob Breitinger】

1701‐76
スイスの文芸理論家。ボードマーと相協力して,想像力に基づく新しい文学の理論を提出し,18世紀前半のドイツ文学界を支配していたゴットシェート合理主義的文学観を克服した。いわゆるスイス派の一人である。主著は《批判的詩学》(1740)で,フランス古典主義に対して,イギリス文学,とくにミルトンを手本にして,文学における〈不可思議なるもの〉を擁護した。【岩村 行雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブライティンガー
ぶらいてぃんがー
Johann Jakob Breitinger
(1701―1776)

スイス、チューリヒの神学者、古典学者。ボードマーの僚友として文芸批評にも携わり、『批判的詩論』二巻(1740)を著す。在来の自然模倣説に想像力の原理を導入し、新しい文学理論の構築を試みる。ほかに詩的言語の本質とその応用を説く大部な『比喩(ひゆ)論』(1741)など。『旧約聖書』の『七十人訳』のテキスト校訂(1730~32)では卓越した語学の才を示す。[南大路振一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブライティンガーの関連キーワード胡風理論家いやなにおいのしないホワイトボードマーカーセーラーネオボードマーカーHandy ホワイトボードマーカーWBマーカーホワイトボードマーカー タフボードマスターロードマークスアーマード・マッド・ボール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone