コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブライティンガー Breitinger, Johann Jakob

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブライティンガー
Breitinger, Johann Jakob

[生]1701.3.1. チューリヒ
[没]1776.12.13. チューリヒ
スイスの批評家。チューリヒのギムナジウムのヘブライ語教授。『批判的作詩法』 Critische Dichtkunst (1740) で文芸における想像力と不可思議性を強調し,ゴットシェートと論争した。この論争はレッシングの『ラオコーン』の先駆をなし,文学と絵画との関係を論じたものとして意義がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブライティンガー【Johann Jakob Breitinger】

1701‐76
スイスの文芸理論家。ボードマーと相協力して,想像力に基づく新しい文学の理論を提出し,18世紀前半のドイツ文学界を支配していたゴットシェートの合理主義的文学観を克服した。いわゆるスイス派の一人である。主著は《批判的詩学》(1740)で,フランス古典主義に対して,イギリス文学,とくにミルトンを手本にして,文学における〈不可思議なるもの〉を擁護した。【岩村 行雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブライティンガー
ぶらいてぃんがー
Johann Jakob Breitinger
(1701―1776)

スイス、チューリヒの神学者、古典学者。ボードマーの僚友として文芸批評にも携わり、『批判的詩論』二巻(1740)を著す。在来の自然模倣説に想像力の原理を導入し、新しい文学理論の構築を試みる。ほかに詩的言語の本質とその応用を説く大部な『比喩(ひゆ)論』(1741)など。『旧約聖書』の『七十人訳』のテキスト校訂(1730~32)では卓越した語学の才を示す。[南大路振一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブライティンガーの関連キーワードボードマー(Johann Jakob Bodmer、批評家)4月19日スイス文学ズルツァー3月1日ボドマー

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android