コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブライユ ブライユ Braille, Louis

3件 の用語解説(ブライユの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブライユ
ブライユ
Braille, Louis

[生]1809.1.4. パリ近郊
[没]1852.1.6. パリ
フランスの盲目の教育家,ブライユ点字の発明者。3歳のときに事故で失明したが,オルガニストチェリストとして才能を現した。1819年バランタイン・アユイが設立したパリの盲学校に入学,1826年同校の教師となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブライユ(Louis Braille)

[1809~1852]フランスの点字開発者。幼時に事故と感染症により失明。盲学校で学び、後に同校の教師となる。12の点と線を使うソノグラフィーを改良し、2行3段の6点からなる点字を考案した。→点字

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブライユ
ぶらいゆ
Louis Braille
(1809―1852)

フランスの点字開発者。6個の凸点で一文字を表した点字の考案者で、「点字の父」とよばれている。
 パリ近郊のクーブレ生まれ。3歳のときに起こった事故がきっかけとなり、5歳で全盲になる。1819年、10歳で世界初の盲学校であるパリ国立盲学校に入学し、その後、同校の教師となる。当時のフランスでは、紙の表面にアルファベットの形を線状に浮き立たせた文字が、視覚障害者用の文字として用いられていた。しかし、実際に視覚障害者がその文字を読み書きに利用することはむずかしかった。そこでブライユは、フランス語の音を12の点と線の組合わせで表したソノグラフィーを参考に、6点方式の点字を在学中から研究し、3年余りをかけてアルファベット、数字、句読点を、六つの点の組合わせで書き表す、6点点字を考案した。さらに、点字による楽譜の書き方を開発して、1829年にこれらの6点点字をまとめた書物『点を使ってことば、楽譜、簡単な歌を書く方法』を刊行した。6点点字はその有効性が認められて、徐々に広まったが、ブライユの6点点字をフランス政府が視覚障害者のための文字として公認するのは考案から30年余り後のことで、それはブライユの死後2年を経た1854年のことであった。以降、6点点字は世界中に広まっていく。なお、英語で点字をブライユbrailleとよぶのは、彼の名前に由来している。
 ブライユは、6点点字を考案した後も視覚障害者と晴眼者が直接意思を伝達するための文字として、フランス語のアルファベットの形を10点の点線で表した、デカポワンdecapointを開発している。さらに、デカポワンの凸状の点を紙に印字するための装置、ラフィグラフraphigraphも発明した。
 クーブレにある生家は、ルイ・ブライユ点字博物館として一般に公開されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブライユの関連キーワードイルドフランス階乗偶数エヌ辺り近所三角数ディズニーランドリゾートパリハルパリュケ落ち穂拾いペリパリオ,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブライユの関連情報